2013年

6月

14日

〈BD〉続・ある日のハイランド

左:西嶋大策プロ、右:虻川修プロ(やや濡)
左:西嶋大策プロ、右:虻川修プロ(やや濡)

 

仕事の打ち合わせで

横浜の『ハイランドビリヤード』へ。

 

最近「引き球魔神」とか「アブー」とか

言いすぎてますね。すみません。

 

でも、言わせて下さい。

 

本日はいらっしゃいました、虻川修プロ(JPBA)。

 

去る日曜日(6/9)、試合の途中の曲球タイムで、

見事に「コスモ引き」を決めたのは記憶に新しいところ。

 

「私、あの時は珍しくかなり緊張しておりまして、

 

全くちゃんと腕が触れずに2回失敗しました。

 

3回目に行く前に配置の左右を替えましたが、

 

それが良かったです」(アブ)

 

共に写真に写っているのは

ハイランド所属であり、

 

アブーと交友のある「テクニシャンD」こと

西嶋大策プロ(JPBA)。

 

この両名、プレー面でも波長が合うようで、

よくタッグを組んで色々な相手チームと

ペアマッチを楽しむそう。

 

2人のプレースタイルは

随分違うように思うのですが、

 

「確かにそうですけど、

互いのやりたことが完全に見えてますね。

とてもやりやすいです。

 

自分で言うのもなんですけど、

このコンビ強いですよ」(D)とのこと。

 

ペアマッチというのはほんと相性ですね。

 

似たプレースタイル同士で組むのが

決して良い結果に結び付く訳じゃないから面白い。

 

海外では『ワールドカップ・オブ・プール』という

オフィシャルなダブルス大会がありますが

(スリークッションでも同種の大会あり)、

 

日本国内ではありません。

あったら盛り上がるだろうなぁと思ってます。

 

「僕とアブちゃんで組んで、

 

『ワールドカップ』で3位になった('07年)

川端聡プロ・大井直幸プロコンビと

一度戦ってみたいんですよねー」とD。

 

おぉ、それは見てみたい

(しばし妄想……)。

 

いやいや。

 

それよりなにより、ちょうど一ヶ月後に

『ジャパンオープン』があるじゃないですか。

 

「D」こと西嶋大策プロが

ジャパンオープンで優勝したのが2003年

(当時、なんとアマチュア)。

 

アブーを初めて観たのも

そのジャパンオープンでしたし……、

 

あれ以来、

男子の部では日本人チャンピオンは生まれてなくて……、

 

それから早10年なんですねぇ(遠い目)。

 

あの時の西嶋プロのファイナルの相手、

R・ガレゴ(フィリピン)にもハイランドで会ったし、

 

一気に「ジャパンオープン、迫る!」感が

出てきた一日でした。

 

(ジャパンオープンの

観戦チケットの購入はココ

 

まあ、ハイランドの

ウィークリートーナメントって

大抵そのような濃ゆいメンツなのですが。

 

……いやいや、

 

その前に『全日本14-1』もあるんです。

こちらはあと10日後。

 

昨年はファイナルで羅立文プロ(JPBA)が

100点撞き切りで優勝しました。

 

その羅立文、今年もみっちり14-1を練習して

本番に備えているみたいですね(練習での

驚異のアベレージがFacebookに載ってました)。

 

来週、本人にお会いできたら

試合直前コメントを頂いてきます!

(昨日はすっかり忘れてしまいました……)