2013年

5月

16日

〈BD〉フリーランスな昼下がり

昼スリー
昼スリー

 

球仲間でフリーランス仲間の

プロカメラマン「帽子男」と遊びました。

 

昼ごはんとビリヤード(スリークッション)を1h。

 

帽子男に前から聞こうと思ってたことが

やっと聞けました。

 

先日、ビリヤードのフォーム写真を

撮る上での難しさについて、

ブログでこんなことを書いたんですね。

 

【緑や青のラシャでは顔色が濁りやすい】

 

これ、どう思う? と。

 

帽子男はそれを読んでてくれたようで、

 

「合ってるよ」

 

とのことでした。

 

んで。

 

じゃあ、緑や青のラシャで撮る時に

顔色が濁らないようにする方法ってあるのか?

 

と聞いたら、

 

「いや、試合中だったら無理というか、

撮る側ができることはないでしょう。

 

試合写真じゃなく、

仕切り直してポートレイトとして撮るなら

 

白い紙(つまりレフ板)を

顔の下に置くなりすれば大丈夫だけど」

 

だそうです。

 

ってことは、緑や青のラシャの場合、

試合中のフォーム写真は顔色が濁ることが

あるんだよ、と頭に入れて撮っておいて、

 

案の定、ヘンな色になってしまって、

それが気になるようなら、

 

後でフォトショップなどの

画像加工・修正ソフトで

レタッチするしかないみたいですね

(面倒なのであまりやらないけど)。

 

……という、

 

この地球上で10人も気にしてないであろう

とてもマニアックな話をしてました。

 

それにしても。

 

すごく久しぶりに平日の真昼間に

ビリヤードしましたけど、

 

いいもんですねぇ(^^)

 

球の音だけが響く空間で、

コーヒー飲みながらまったりしました。

 

フリーランスの特権を行使した感じがします。

 

んで。

 

帰宅してから普通に仕事してるという。

 

フリーランスの現実を噛み締めてる感じです。

 

末文になりますが、

 

B.D.のロゴや名刺を作ってくれた

デザイナーのミカさん

 

誕生日、おめでとうございます♪

 

後ほど、

プレゼントではなくお仕事データを

お送りしてしまう僕をお許し下さい。

 

スリークッションをする時はコーヒーが飲みたくなるのです。飲みたくなるのです
スリークッションをする時はコーヒーが飲みたくなるのです。飲みたくなるのです