2013年

5月

02日

〈BD〉女流球聖の好物は?

佐原弘子女流球聖
佐原弘子女流球聖

 

昨日はCBNTの仕事で都内某スタジオへ。

 

トップアマの佐原弘子・女流球聖と一緒に

喋る仕事をしました。

 

これは「アフレコ」なのか

「オーディオコメンタリー」なのか、

 

なんて言うんでしょ!?

(って、前にも書いた気が……)

 

ともかく。

 

トップ女子アマの佐原さんが

タイトル防衛を果たした4月の、

 

『女流球聖戦・球聖位決定戦』の

映像を観ながら音声を入れるというお仕事です。

 

アマチュアの女子選手と喋るのは初めてです。

 

僕は喋りのプロじゃないもんで、

 

知らず知らずの内に緊張していたんでしょう、

 

本番でだいぶ噛んでしまいました(いつもか)。

 

さらに要所要所でトチってしまって、

一部やり直しをくらう始末(汗)。

 

佐原さん&CBNT担当Gさん、

時間を取らせてごめんなさい。

 

…………

 

さて。

 

その仕事を終えた後、

別場所へ移動して食事会をしました。

 

佐原さんと僕ともうお一方、

 

『女流球聖戦・球聖位決定戦』で

負けてしまった「挑戦者」である

米田理沙選手の3人で。

 

この会を何と言えば良いのでしょう。

 

反省会? 

祝勝会兼残念会?

将棋で言う感想戦!?

 

よくわからないですが、

僕にとってはとても贅沢な一時でした。

 

佐原さんと米田さん、以前から

この2人に交流があることは知っていました。

 

とはいえ、

 

つい先月終わったばかりの大きなタイトル戦で

キューを交えた当事者同士です。

 

その2人がわだかまりなく

杯を重ねる場にいられたのはラッキーでした。

 

あっけらかんと試合を振り返ってくれた両名。

 

貴重な話ばかりだったんですが、

テープレコーダーは回し忘れてますし、

メモも取ってません(食事の席では)。

 

やっちまった。

 

でも、多分それは女流球聖のせいです。

 

お店に入ってすぐ、

佐原さんのあの低く響く声で発せられた

ファーストオーダーに痺れて、

 

何も考えられなくなった僕がいました。

 

「エイヒレ!」

 

い、一品目で!?

 

虚を突かれた僕に米田さんが言います。

 

「B.D.、気を付けて!

 

弘子は単なるビジュアル系じゃない!」

 

長い夜になる予感がしました。