2013年

4月

06日

〈BD〉「初めて物語」に河原千尋プロ、登場!

 

告知です。

 

もう昨日アップしてるんですが、

 

『初めて物語』に

河原千尋プロ(JPBA)が登場です。

 

日本の「新女王」です。

 

インタビューの最後の方に出てくる

「台湾の大会」というのは、

 

『アムウェイオープン』のことです。

 

以前のブログでも、河原千尋プロが

アムウェイで長年に渡って優れた

成績を残していることをご紹介しましたね。

 

河原プロは、プロ2年目の年(2006年)、

アムウェイに出場するため訪れた台湾で、

 

敬愛する梶谷景美プロと食事を共にする機会があり、

そこから距離が縮まってきたと語っていました。

 

手前味噌ですが、僕も、

河原プロとほぼ同じ体験をしたんです。

 

「台湾、アムウェイ、梶谷プロ、

初めてのちゃんとした一緒のお食事」。

 

キーワード、かなりかぶってます。

 

それは、

河原プロが訪台する一年前、2005年のこと。

 

アムウェイを取材しに台湾を訪れた僕は、

初めて梶谷プロとお食事を共にしたのでした。

 

それまで日本ではそんな機会はなかったです。

 

海外だからこそ「良かったらご一緒に」って

誘い(誘われ)やすい空気ってありますよね。

 

多分その時もそんな感じだったと思います。

 

ただし、一対一ではありませんでした。

 

懐かしのビリヤード誌

『ビリヤードマガジン』(略称「ビーマガ」)

の編集長のHさんと、

 

創業3年目のOn the hill !さんもおられました。

 

なんのことはない、

僕がオマケ同然だったのです(笑)。

 

なんにしても濃ゆいメンツではあります。

 

場所は台北のどこかの、

ごく普通の台湾料理の店だったと記憶しています。

 

話の内容はほとんど覚えていません。

時間は2時間ぐらいだったでしょうか。

 

全員お酒は飲んでいました。

 

あ、

 

女子プロの誰それは動物で言ったらこれこれに

似ているとか、そんな話をした記憶はあるなぁ。

 

他愛もない……。

 

それと、

On the hill !さんが今より痩せていたことも

覚えています(笑)。

 

…………

 

えー、

 

すっかり自分の話にすり替えてしまいましたが、

 

河原プロの初めて物語、どうぞよろしく。

 

それと、B.D.はこの週末は

『グランプリイースト』ではなく

『球聖戦』(挑戦者決定戦&球聖決定戦)に

出没します♪