〈BD〉コロナ禍で打撃!? 2020年の「ビリヤード年間参加人口」は……?

 

刊行されたばかりの

『レジャー白書2021』によると、

 

「2020年に日本国内で1回以上

ビリヤードをした人」の数(参加人口)は、

およそ「180万人」でした。

 

前年(2019年)から約80万人減りました。

 

…………

 

国内の「ビリヤード競技人口」を

調査・発表しているメディア・機関・

個人はなく、調べる手段もありません。

 

ですが、

年1回発行の『レジャー白書』

(公益社団法人・日本生産性本部発行)では、

 

あくまで競技人口ではなく

「参加人口」という形ですが、

余暇実態の調査種目のひとつ

(全108種目)として

ビリヤードも扱っています。

 

2021年版↓

 

10月4日に『2021年版』が発刊。

※扱っているデータは2020年のものです。

 

レジャー白書には、

様々なスポーツ・ホビー・レジャーに

「1年に一度以上参加した人数」

(参加人口)の推計値が出ています。

 

インターネット調査で

毎年約3,000サンプルを対象として

個人の余暇活動の実態を調べ

(今年は有効回答数3,246)、

推計人口を出すというやり方を

長年継続しています。

 

母数が少ないので、

特にマイナースポーツの数値は

実態からの乖離・振れ幅が大きいと思います

(※BDもここに記されている数字を

参考・目安程度にしか考えていません)。

 

ちなみに、

2020年の参加人口Top 5のレジャーは、

 

「動画鑑賞(レンタル、配信を含む)/3,900万人」

「読書(仕事・勉強を除く娯楽としての)/3,650万人」

「音楽鑑賞(配信、CD、レコード、テープ、FMなど)/3,410万人」

「国内観光旅行/3,390万人」

「ドライブ/3,340万人」

 

となっています。

 

コロナ禍の影響をもろに受けた

2020年の余暇市場は、前年比

23.7%減少(!)となりました。

 

外出や移動や他者同伴を要する

多くの活動で参加人口が低下。

 

そのため、2020年は

かなり順位に変動がありました。

 

9年連続首位だった

「国内観光旅行」が4位に

後退したのは象徴的な出来事です。

 

一方で、在宅・近場でできる

「動画鑑賞」や「ウォーキング」

などは人口が増加しています。

 

前置きが長くなりましたが、

本書から2020年のビリヤードに

まつわるデータを抜粋してお届けします。

 

…………

 

 

■2020年ビリヤード参加人口:

およそ「180万人」

 

2020年に

「1回でもビリヤードをした人」の

推計値です(実測値ではありません)。

 

前年(2019年)から

80万人ダウンとなり、

BDが把握している限り

(2003年以降)では、

最も少ない人口となりました。

 

これは他の多くの活動と同様、

コロナ禍で外出を控えたり、

屋内スペースを回避したり、

ビリヤード場などの遊戯施設が

休業や時短営業となった影響を

受けたためと思われます。

 

繰り返しますが、これは、

遊びかスポーツかは関係なく、

『年に1回以上やった人』の数です。

 

競技層の実態を反映したデータ

(「競技人口」)ではありません。

 

大型アミューズメント施設などで

遊びでビリヤードに触れている人達、

いわゆる「ライトユーザー層」を

イメージすると良いでしょう。


2003年からの

ビリヤードの年間参加人口の推移は

以下のようになっています。

 

2003年 670万人

2004年 670万人

2005年 710万人

2006年 550万人

2007年 530万人

2008年 530万人

2009年 920万人

2010年 830万人

2011年 370万人

2012年 460万人

2013年 330万人

2014年 500万人

2015年 280万人

2016年 230万人

2017年 270万人

2018年 270万人

2019年 260万人

2019年 180万人 ←New !!

 

トップ画像はこれをグラフ化したものです。

 

…………

 

2020年の他のビリヤードデータも
見ていきましょう。

 

■参加率:1.8%

※全回答者の中でビリヤードを

年に1回以上やった人の割合。

ちなみにカラオケで「17.7%」。

 

※この参加率(1.8%)に、

余暇活動が出来る15歳~79歳人口

(9,896万人。昨年より57万人減)

を掛け合わせて、

参加人口を推計している。


■年間平均活動回数:5.2回


■年間平均費用:3,600円

※用具代は含まず、プレーフィーのみ


■1回当たり費用:690円

 

BDを定期的に見てくださっている

熱心なビリヤードプレイヤー・

ファンの皆さんは、

年間の費用も活動回数も

上記の数値とは桁違いのはずです。

 

…………


以下、補足データです。

 

ビリヲカさん調べでは、

国内のビリヤードテーブル設置施設

(ビリヤード専門店だけでなく、

総合アミューズメント施設含む)の数は、

昨年からさらに微増傾向で

「約1,592軒」だろうとのこと。

 

直接的にコロナ禍によって

閉業を余儀なくされたという

テーブル設置施設はそれほど多くはなく、

それを上回るペースで、

テーブル設置施設の新規オープンが

増えていると言ってよさそうです。

 

……ということで、以上、

「『レジャー白書』に見る

2020年ビリヤード参加人口」でした。

 

 

………… 

 

BD Official Partners :  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

2018年4月大阪市淀川区西中島に移転リニューアルオープン。日勝亭

カーボン繊維構造REVOシャフト発売中。PREDATOR JAPAN

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 

国内外トッププレイヤー達が信頼する国産積層タップ。斬タップ

13都道府県で開催。アマチュアビリヤードリーグ。JPA

赤狩山幸男プロ参加の平日トーナメント開催中。 BAGUS

川崎と横浜でビリヤードを楽しむ・習う・競う。MECCA 

撞きたい球を思いのままに。自分流で撞く楽しみを。Geezシャフト

極上の撞き味を今ここに。国産牛革積層タップ。BIZEN TIP

徹底的なプレイヤー目線でできたJapanタップ。NISHIKI PREMIUM TIP

「チャンピオンのタップ」HOW Tip(ハオ)登場。SHOP FLANNEL

世界が注目。東京発のキューケースブランド。3seconds

第3巻発売中! ビリヤード漫画『ミドリノバショ

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 


<<<前の記事   次の記事>>>