〈BD〉設立50周年。ADAM JAPAN関根社長、高平会長、ハギマイスター粕谷氏の思い

 

今年3月に埼玉県にあるキューメーカー、

ADAM JAPAN』(アダムジャパン)を

訪れ、50周年記念MUSASHIなどを

撮影した際、

 

「設立50周年」についての思いを、

関根沙織社長、高平睦夫会長、

そして、ハギ職人の粕谷栄一氏より

お聞かせいただきました。

 

遅くなりましたがここでお届けします。

 

※記事トップ画像は、

ADAM JAPANからいただいた

50周年記念MUSASHI焼酎と

特製アダムロゴコースターです。

 

…………

 

 

関根沙織社長(右):

 

「まさか新型コロナウイルス感染症がこのタイミングで猛威を振るうとは数ヶ月前まで想像もしませんでしたが、皆様のおかげを持ちまして、弊社は2020年3月に設立50周年を迎えることができました。私は17年前に入社し、代表を引き継いで6年経ちました。月日が経つのは本当に早いものだと思います。

 

半世紀前、現会長の高平をはじめとする設立時のスタッフの『ビリヤードを愛する人のお役に立てるキューを作りたい』という思いで立ち上げられた弊社は、いくつかの転換期や苦難を乗り越え、様々な方からのお力添えもいただきながら、今日までキューを作ってこれました。日本そして海外にもアダムジャパンのファンが数多くおられます。長年のご愛顧に心より感謝申し上げます。

 

仕事に対して真面目で、昔ながらの職人気質があり、お客様に喜んでいただけるようなキューづくりを志すスタッフが揃っているのが設立時からの弊社の強みです。とはいえ、時代は常に変化していますし、変化に対応できるメーカーでなければ生き残っていけないと思っています。アダムジャパンという会社を存続させていくためにも、『技術と革新』をスローガンに掲げて、これまで培ってきた職人の心と技術を次世代に受け継ぎながら、変化を恐れず新たな企画や商品にチャレンジしていきたいと思います。

 

今年は、50周年記念MUSASHIキューを始め、たくさんの商品を製作・販売して参ります。ぜひこれからもアダムジャパンのものづくりにご期待ください」

 

 

高平睦夫会長(左):

 

「山あり谷ありの50年、試行錯誤の50年でしたが、この節目を迎えられて嬉しく思います。今はもう現場は若い人達に任せていますが、彼らがまたさらにここから50年、100年と続けてくれることを期待しています。

 

50年続けてこられたのはやはりキューを通じてたくさんのお客様や選手たちとの出会いがあったからです。出会いこそが財産。これがなければ何事も続きません。昨年亡くなられてしまいましたが、小林伸明プロを始めとするたくさんの選手たちに『良いキューとは何か』を教わりながら、ともに作り続けてきたような感覚です。『この棒にどうやって魂を込めるのか』、それを考え続けてきた50年でした。性能を引き出そうとして、バカなこともたくさんやりましたよ。たくさん失敗しました。50年経ってやっと少しはキューのことや木のことがわかってきたようにも思います。何十年かけてやっとです(笑)。

 

ビリヤードを愛する人は世界中にいます。そんな人達を支え、喜んでもらえるようなキュー作りを心掛けてきましたし、キューを作る喜びと作ったキューを使っていただく喜びを日々感じてきました。これからもうちの若い人達には『良いと思われ、感謝されるようなキューづくり』をしてもらえたらと思います」

 

…………

 

 

ハギマイスター:粕谷栄一氏

 

「今回の50周年記念『MUSASHI 十二単(じゅうにひとえ)』のアイディアと名称は、昨秋の即位礼正殿の儀での皇后雅子さまの十二単姿を見た時にひらめきました。日本伝統あの色合いや色の重ね方を、うちのハギでなら表現出来るんじゃないかなと。配色を替えながらすでに何本も作ってるけど、どう? 悪くないでしょう?(笑)

 

うちの会社も50年ですか。私が入ったのがたぶん45年ぐらい前です。入ってしばらくはキューの色々なパーツを作っていました。30年ぐらい前からハギをメインでやるようになったんじゃないかな。ハギ作りを志願していた訳じゃないけど、やると決まった以上は会社のためにとことん良いものを追求しようと思っていました。

 

当時に比べるとどんどんお客さんの目も肥えてきてますよね。たとえば剣先一つとっても高い精度が求められます。人の手で作っているので、完璧は求められないし時間はかかるんだけど、妥協せずに高みを目指したいという一心でやってきました。今も日々そう思っています。いつもぎりぎりの本数しか作れなくてお客さんをお待たせすることもあってそれは申し訳なく思っているんですが、お客さんが納得してくださるキューを作らないと、次はないと思っています。このやり方を続けさせてくれて支えてくれた会社に感謝していますし、長年アダムジャパンのキューを使ってくれているお客さんにも感謝しています」

 

…………

 

皆様、ありがとうございました。

 

 

 

…………

 

BD Official Partners :  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

2018年4月大阪市淀川区西中島に移転リニューアルオープン。日勝亭

カーボン繊維構造REVOシャフト発売中。PREDATOR JAPAN

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

国内外トッププレイヤー達が信頼する国産積層タップ。斬タップ

ジャストなビリヤードアイテムが見つかる。キューショップジャパン

13都道府県で開催。アマチュアビリヤードリーグ。JPA

赤狩山幸男プロ参加の平日トーナメント開催中。 BAGUS

川崎と横浜でビリヤードを楽しむ・習う・競う。MECCA 

 

………… 

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

<<<前の記事