〈BD〉男子:柯秉逸(初)、女子:付小芳(2度目)が優勝! 『2018チャイナオープン』

 

中国・上海で行われていた

国際9ボールトーナメント

『チャイナオープン』は、

 

男子:柯秉逸(台湾)

女子:付小芳(中国)

の優勝で幕を閉じました。

 

フォーマットは、

9ボール交互ブレイク(1オンフット)。

男子は11ラック先取、女子9ラック先取。

 

…………

 

まず、男子の部。

 

柯秉逸は予選E組を、

勝ち(vs J・セロン)→

勝ち(vs 呉珈慶)の2連勝で

勝者側から通過。

 

ベスト32から、

R・ハリデイ(南アフリカ)、

F・ゴースト(ロシア)、

D・アルケイド(スペイン)、

そして中国の呉珈慶と連破し、

 

最後は、優勝候補筆頭格の

J・ショウ(イギリス)を11-9で破って

初優勝を飾りました。

 

●Men's Div.

優勝:柯秉逸(台湾。カー・ピンイー)

2位:J・ショウ(イギリス)

3位:呉珈慶(台湾。ウー・ジャーチン)

   党金虎(中国。ダン・ジンフー)

 

Winner : Ko Ping Yi
Winner : Ko Ping Yi
Runner-up :  Jayson Shaw
Runner-up : Jayson Shaw
3rd : Wu Jiaqing
3rd : Wu Jiaqing
3rd : Dang Jinhu
3rd : Dang Jinhu

 

ファイナルはショウが4-1と

スタートダッシュに成功。

 

しかし、柯秉逸もブレイクが

よく決まっており、

じりじりと追撃を続けます。

 

ショウはこの試合は

ブレイク(というよりラック)が良くなく、

終盤はフラストレーションを

溜めながらのプレーに。

 

柯は7-7に追い付いてからも、

それまで同様丁寧なプレーで

コツコツとポイントを積み上げ、

最後はショウの甘く残った3番セーフティを

サイドバンクで決めて、残りを取り切りました

(11-9)。

 

一方、負けたとは言え、

現在のショウは最盛期の

E・ストリックランドを思わせる

圧倒的なパワー&スピード感があり、

誰もが目を離せないという存在だったと思います。

 

日本の大井直幸と栗林達は、

17位タイで大会を終えています

(※詳しくはこちらの記事で)。

 

 

そして、女子の部。

 

2011年チャンピオンの付小芳は

予選G組の敗者側から決勝トーナメントへ。

 

ベスト16から、

魏子茜(台湾)、

周婕妤(台湾)、

金佳映(韓国)と倒し、

 

最後は2012年覇者の

ケリー・フィッシャーとの再戦に

9-1で勝利。大会2勝目を飾りました。

 

●Women's Div.

優勝:付小芳(中国。フー・シャオファン)

2位:ケリー・フィッシャー(イギリス)

3位:金佳映(韓国。キム・ガヨン)

   劉莎莎(中国。リュウ・シャシャ)

 

Winner : Fu Xiaofang
Winner : Fu Xiaofang
Runner-up : Kelly Fisher
Runner-up : Kelly Fisher
3rd : Kim Ga Young
3rd : Kim Ga Young
3rd : Liu Shasha
3rd : Liu Shasha

 

付小芳は大会を通じて、

圧倒的なパフォーマンスを発揮し続けて

いたという訳ではないのですが、

地力の高さはやはり折り紙つき。

運勢もギャラリーも味方に付け、

ファイナルでは堂々たるプレーを

展開して優勝を飾りました。

 

なお、日本勢は、

河原千尋が昨年に引き続き5位タイ。

平口結貴がグループステージ敗退でした。

 

…………

 

初めて取材したチャイナオープン。

実質的に、「アジアで見られる

男女同時開催の世界選手権」と

言って良いでしょう。

 

出場プレイヤーも

会場も舞台も演出も運営も賞金額も

プール(ポケットビリヤード)界最高峰。

 

指定ホテルも立派で、

会場への送迎体制も整い、

街中にも無数にのぼりや垂れ幕が見られ、

町を挙げてイベントを盛り上げている様子が

うかがえ……と、

 

アジアのメジャーイベントとして

10年継続してきた威厳や格といったものを

実感する4日間でした。

 

…………

 

※公式ライブスコア&トーナメント表はこちら

 

※Day 1終了時の日本選手戦績まとめと

"ちょっと裏側"はこちら

 

※Day 2終了時の日本選手戦績まとめはこちら

 

※Day 1&2のフォトギャラリーはこちら

 

※Day 3終了時の日本選手戦績まとめはこちら 

 

…………
BD Official Partners :  
世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 
創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 
ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 
末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 
カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation
13都道府県で開催。アマチュアビリヤードリーグ。JPA
徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND
銀座・吉祥寺・六本木で渡辺剛史プロにチャレンジ! BAGUS
カーボン繊維構造REVOシャフト発売中。PREDATOR JAPAN
ジャストなビリヤードアイテムが見つかる。キューショップジャパン
4月に大阪市淀川区西中島で移転リニューアルオープン!日勝亭
オウルグローブ新モデル「+」(プラス)発売中。SHOP FLANNEL
国内外トッププレイヤー達が信頼する国産積層タップ。斬タップ
………… 
Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ