〈BD〉カスタムの輝き・「シック」編。その3

 

カスタムキューを多数取り扱っている

UK Corporation

 

その代表、大原秀夫氏が所蔵している

キューを見ていく本企画。

 

(※過去記事はこちら

 

今回は先月に引き続き、

『Schick』(シック)をご紹介します。

 

代表はBill Schick(ビル・シック)。

 

1970年代から一点物のキューを作っている

アメリカンカスタムメーカーの

「巨匠」の一人です。

 

…………

 

今回ご紹介するのは、

1990年製の8剣モデル。

 

フォアアームは、ステン(染色)された

バーズアイメイプルをベースに

エボニーの子持ち8剣。

 

スリーブはエボニーをベースに、

スネークウッド、ゴールド、シルバーなどの

インレイが入れられています。

 

先月紹介した『1989』モデル

よく似たデザインです。

 

 

大原氏・談:

 

「この『1990』は、

日本のある個人の方から

買取の依頼があったキューです。

1~2年前だったと思います。

 

コンディションを見たところ、

音鳴りがして、異常に軽くて、

シャフトには曲がりが見られました。

 

ということもあり、

そんなに高い買い物ではありませんでした。

 

入手してから1年ぐらいかけて

リフィニッシュしたんですが、

まだ若干軽くてパワー不足が否めない。

もう少し改善の余地があるかなというところです。

 

なので、現時点では売り物ではありませんが、

将来的に『for sale』になる予定です。

 

この『1990』のデザインは、

前回紹介した『1989』によく似ていますが、

 

グリップ上部のドットリングなどを見ても

わかるように、あちらよりももっと

ザンボッティに近いテイストです。

 

フォアアームが”ザンボッティトリビュート”で、

スリーブはシックらしいデザイン、

と言えば良いでしょうか。

 

でも、全体として見るとやっぱり

『どことなくシックだな』と

感じさせるものがあります。

『彼ならこういうデザインを作るよね』と。

 

個人的にはスリーブのカッコよさは、

前回の『1989』の方が上だと思います。

 

単純に『1989』の方がゴールドなどの

材料の使用量も多いので、

 

仮に『1989』と『1990』が同じ

コンディションで並べられていたとしたら、

高値が付けられるのは

やはり『1989』の方でしょう。

 

でも、2本揃って不思議なのは、

ジョイント部のリングのスロットの数が

『6』なんですよね。

 

なぜ剣の数と合わせて

『8』にしてないのかが謎なんですが、

彼なりに意図するものがあるはず……

ということにしておきましょうか(笑)。

 

2回に渡って同一メーカーの

兄弟っぽいデザインを見てもらいました。

 

似たデザインですが、

自分の手元に来た経緯はあまりに違うので、

私自身可笑しさを感じています。

 

カスタムキューの面白さは、

そういった背景やいきさつを含めた

出会いの面白さでもあると思います」

 

(了)

 

…………
BD Official Partners :  
世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 
創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 
ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 
末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 
カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation
13都道府県で開催。アマチュアビリヤードリーグ。JPA
徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND
5/27 新宿店でPool Hall Championship開催! BAGUS
カーボン繊維構造REVOシャフト発売中。PREDATOR JAPAN
ジャストなビリヤードアイテムが見つかる。キューショップジャパン
4月に大阪市淀川区西中島で移転リニューアルオープン!日勝亭
………… 
Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ