〈BD〉カスタムの輝き・「サムサラ」編

 

カスタムキューを多数取り扱っている

UK Corporation

 

その代表、大原秀夫氏が所蔵している

キューを見ていく本企画。

 

(※過去記事はこちら

 

今回ご紹介するのは

『SAMSARA』(サムサラ)です。

 

製作拠点はノースダコタ

(創業からしばらくはニューハンプシャー)。

 

製作担当のD・ドーセットと

セールス担当のJ・ステーダムという

2人がタッグを組んで興し、

1991年に初のキューが完成。

1993年にフルタイムのキューメーカーに。

 

木工の可能性と

銘木による美しい表現を追求した

独創的なデザインが人気を集め、

一時期は日本にも数多く入ってきました。

 

…………

 

 

今回ご紹介するのは、

2006年頃に製作された

スタンダードなハギのモデル。

 

フォアアームもスリーブも同じデザインで、

エボニー(黒檀)をベースに

ブビンガの長短6剣ハギ。

ハギを白く縁取っているのはメイプルです。

 

リングの「ダイヤパターン」で

すぐサムサラとわかります。

 

大原氏・談:

 

「とある日本のコレクターが、

サムサラにオーダーして作ったキューです。

 

私がその方から未使用の状態で買ったのが

2009年ぐらいだったと思います。

 

革巻きのグリップも含めて

コンディションはオールオリジナル。

 

ハギのブビンガの明るいブラウンと

革巻きの赤がマッチしていて、

カッコイイ仕上がりになっています。

 

これは売り物で、

30万円ぐらいで応相談です。

 

サムサラの特徴と言えば、

まずはこのリングワークでしょう。

小さなひし形(ダイヤ)が連なるパターンデザイン。

これを最初にやったのがサムサラで、

他メーカーも大いにインスパイアされました。

 

そして、もう一つの特徴は、

木工芸術と言っても良いような

精密で美しい銘木使いです。

 

デビュー期から工作精度の高さと

独創的なデザインセンスは衝撃的で、

私も目を奪われました。

 

製作を担っているドーセットは、

元々ヨットの内装などを手掛けていた

本物の木工職人です。

 

だから、人工的な素材を使う方向には行かず、

木での表現にこだわり、

『スワール』『スパイダーウェブ』などの

ユニークなデザインを生み出しました。

 

そのドーセットが作ったキューを、

営業担当のステーダムが販売するという

二人三脚スタイルでやっていました。

 

この2人は実際に性格も対照的で、

ドーセットは職人気質の人で

他人と喋るのが得意ではなく、

ステーダムは明るくて社交的で

営業トークが上手。

 

その後、サムサラは

大きな工場を作って会社組織になり、

2人の関係性も時とともに変化していきますが、

初期の成功のカギは2人のバランスの取れた

パートナーシップにありました。

 

一時期サムサラは日本でも人気になり、

数多く入って来ていましたが、

最近はそこまで頻繁に見かけることはありません。

 

その理由として、サムサラという

メーカーの方向性の変化が挙げられます。

 

もともとサムサラは求めやすい価格で

優れたデザインとプレーアビリティを持つ

カスタムキューを製作・販売しており、

それで人気が拡大しました。

 

そのため、あとあと価格を上げづらくなってしまい、

価格設定を高くするために

凝ったデザインで作ろうとするのだけど、

そうするとさらに手間がかかり……という

ジレンマを抱えることになりました。

 

そういったこともあり、

大量生産型の安価なキューラインを作ったり、

自社サイトで購入出来るようにしたりと、

それまでの個人工房的な路線から、

一般的なキューメーカーの路線へ

舵を切っています。

 

と同時に、デザイン的には

日本人が好むようなカスタムキュー然とした

モデルは少なくなりました。

 

ACA(American Cuemaker's Association)

からも脱退し、

『スーパービリヤードエキスポ』にも

ブースを出さなくなるなど、

ターゲットや販路も変わりました。

 

それが日本で見ることが少なくなった理由です。

 

10何年も前、

私はあの『スパイダーウェブ』を

木ではなくシルバーで作ったらどうだと

ドーセットとステーダムの2人に

アドバイスをしたことがあります。

 

試行錯誤の末、彼らは5、6年かけて

数本作ってくれました。

結局かなり高くなってしまって、

私は買えなかったのですが(笑)、

極めて珍しいそのシルバースパイダーウェブは、

日本の2人のコレクターが購入しました。

そんな時代が今となっては懐かしいですね。

 

現在サムサラはそれなりの会社として、

地域の経済や雇用にも貢献していると聞きますし、

それはそれで良かったと思いますが、

 

いつかまた、ドーセットのデザインセンスと

木工技術、そして銘木の美しさを前面に出した

サムサラらしいモデルを出してほしいと思います」

 

(了)

 

 

…………
BD Official Partners :  
世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 
創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 
ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 
末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 
カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 
JPAでハワイへ行こう! ALOHA ! Challenge 8-ball 2018
徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND
11/21まで「Let's enjoy ビリヤードキャンペーン」。BAGUS
カーボン繊維構造REVOシャフト発売中。PREDATOR JAPAN
大井直幸プロ使用OWLグローブなど販売中。OWL PRODUCTS
プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 
最寄り駅は中延(品川区)。工藤孝代プロ所属。Billiard Oops !
………… 
Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ