2017年

4月

13日

〈BD〉ビリヤードファン「トミー」さんの、WPS第2戦 in NY観戦記

All pics taken by Tommy
All pics taken by Tommy

 

神奈川の『アロウズ』に所属している

社会人プレイヤーの「トミー」さんは、

 

プロの『グランプリ』などにも挑戦している

やる気満々のAクラスプレイヤー。

 

親交のある高野智央プロに誘われるまま、

昨年、韓国まで試合観戦に出かけたほどの

ビリヤード好きです。

 

そのトミーさん、

今回はまたまた高野プロに声を掛けられて

ニューヨークへ飛ぶことに。

 

世界のトップ達が参戦していた

エイトボール国際トーナメント

『World Pool Series第2戦』

(「Aramith Masters Championship」)

の観戦と応援です。

 

日本からは、高野プロの他、

大井直幸プロと栗林達プロが参加していました。

 

トミーさん、(会社休んで)NYまで行くって

どれだけビリヤードを愛してるんですか?!

 

……ということで、同行記をお願いしたところ、

快く了承してくださり、

帰国してすぐに送ってくださいました。

 

早速お届けします。↓

 

…………

 

トミー・記:

 

【初めに】

 

今回は、日頃から親しくさせていただいている

高野智央プロに同行して、

NYで開催された『WPS第2戦』に行って来ました。

 

写真に拙い日本語を添えて、

記憶に残った事や感じた事を書こうと思います。

読みにくい部分があると思いますが、お許しください。

 

 

まず、NY到着日の様子から。
成田空港から16時間かけて、高野プロとNYに到着。

試合の前々日にNY入りしました。

 

僕はこれが初めてのアメリカ。

ニューヨークは人が面白い街だと思いました。

 

色んな人種がいて、みんな感情を

ストレートに表現している気がします。

オシャレな人も多いし、

色んな所にパフォーマーがいて、

いつづけても飽きない街だと思いました。

 

…………

 

 

ホテルに荷物を置いてから、

試合会場となっているビリヤード場

『Steinway』(スタインウェイ)へ行き、

大井プロ・栗林プロと合流しました。

 

これは大井プロが撮影してくださった写真で、

右端に写っているのが僕、トミーです。

初NYビリヤードにワクワクしています!!

 

…………

 

 

NY最初の食事はチーズバーガー。

向こうでの食事はこれが主食になりました(笑)。


…………

 

 

この日は会場でハウストーナメントが

開かれていて、みんな真剣!

 

参加者を見ていると、

ミスショットしてキレてる人も結構いて、

やっぱり日本と違うな……と実感しました。

 

…………

 

【試合前日】

 

夕方から練習をする為、Steinwayへ。

 

今回はブレイク時の手球の置き位置が

かなりクッション寄りになるルールだったため、

店内を見渡しても、サイドブレイクの

練習をしている選手が多かったです。

 

 

プレイヤーズミーティングが終わると、

海外ならではの「外馬」(そとうま)がスタート。

 

選手に対して、市場の競りのように落札者を決め、

選手が3位以内に入れば、

落札者が賞金をGET!!という仕組み。

 

これで当たると100万円以上もらえる事もあるらしい。

賭け金も結構高いですが……。


…………

 

 

試合会場では、年配の人達が

謎のボードゲームをしてました。

人気らしく、朝から夜中までずっと。

結局、何のゲームかわかりませんでした(笑)。

(※BD註:バックギャモンでしょうか……)

 

…………


【ダブルイリミネーションラウンド】

 

有名選手があちこちにいたので当たり前ですが、

世界レベルだと感じました。

 

 

テレビテーブルは初日からインタビューあり、

いろいろな演出あり、アメリカらしくギラギラです!!

 

…………

 

 

このテレビテーブルで、大井プロvsロベルト・ゴメス選手、

高野プロvsパット・ホルツ選手が行われました。

 

高野プロはホルツ選手と11年ぶりの対戦。

見事勝利!

 

…………

 

 

テレビテーブルでは初日から最終日までの4日間、

毎日フロリアン・コーラのトリックショーがあり、

観てて飽きませんでした。

 

コーラがショーで

11本もキューを用意してることに驚き!!

 

2日目のショーに大井プロが登場、

大井プロのネタで会場は大爆笑!!

コーラも爆笑してました(笑)。

4日間の中で最も盛りがっていた気がします。

 

(※BD註:WPS公式FBページ

下の方にスクロールしていくと

短い大会ハイライト動画があり、

そこに写っています)

 

…………

 

【シングルイリミネーションとチャレンジイベント】

 

残念ながら日本の選手は皆

ダブルイリミネーションラウンドで敗れ、

ベスト16からのシングルトーナメントには

進めませんでした。

 

でも、WPSには上位進出ができなかった人が

出られる「チャレンジイベント」があります。

 

(※BD註:同会場で

KAMUI CHALLENGE CHAMPIONSHIP』が開催。

メインイベントでベスト16に残った人は出られない)

 

日本選手達はもちろんそちらに出ました。

 

…………

 

 

チャレンジイベントにも有名選手が多い中、

栗林プロがベスト16!! さすがです。

 

…………

 

 

おまけで私もチャレンジイベントに参加させてもらい、

もちろん1回戦負け。

 

緊張してましたが、めちゃ楽しくて、

楽しさの方が強かったです!

テンション上がりまくりでした(笑)。

いい経験ができました。

 

…………

 

 

そして、メインイベントは、

アルバニアの18歳、クレンティ・カチ選手が、

フィリピンのカルロ・ビアド選手を破って優勝!!

 

カチ選手は身長2mぐらいあり、

間近で見るとかなりデカいです。

 

…………

 

 

最後の写真はテレビテーブルのポケットです。

結構狭いです……。

 

プレッシャーの中、

このテーブルで高いパフォーマンスを出せる

選手たちは本当に凄いと思いました。


…………

 

【最後に】

 

本当に良い経験が出来ました!!

アメリカのビリヤードの雰囲気を肌で感じ、

世界レベルの選手達の闘争心メラメラを

間近で味わう事ができ、

最高に濃くて最高に楽しい旅でした。

 

日本選手の皆さんや現地で出会った皆さんに感謝です!!

 

…………

 

トミーさん、臨場感溢れる同行記、

ありがとうございました!!!!

 

…………

 

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 

 

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

BAGUS 横浜西口店。2017年3月グランドオープン。BAGUS

 

カーボン繊維構造REVOシャフト搭載モデル発売中。PREDATOR JAPAN

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

 

………… 

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 
<<<前の記事