2016年

11月

18日

〈BD〉二度撞きではない!? キレッキレの『2mmドロー』動画

 

以前にもいくつかテクニック動画を紹介したことのある

米ビリヤードショップ『Select Billiards』。

 

そのスタッフ、エイブラムが、

まるでトリックショットのような

スーパーなドローショットを見せてくれています。

 

なんと、的球と手球の間隔はわずか2mm。

 

これをぐいーんと引いて(引き+ヒネリで)

テーブルの反対側にポジション。

(手球がどこに止まったかまでは映ってないですが)。

 

エイブラムは

「これはファウル(二度撞き)ではない」と語ります。

 

 

スロー映像を観ると、

確かに二度撞きはしておらず、セーフの模様。

 

ひとえにエイブラムの腕が良いということは

まず言えるでしょう。

 

かなりキュー切れがあるようですし、

キューの突っ込み方、逃し方(払い方)、

インパクトタイミングなど、

全てが上手いと思います。

 

日本で言う「切り引き」的な撞き方ですね。

 

ポケットではなくキャロムですが、

「切り引き」はBDでも記事にしています。

(渡辺元プロの切り引き①切り引き②

 

…………

 

以下、映像中で

エイブラムが語っている内容を訳してみました。

 

「リーガル(セーフ)かファウルか、

長年論争のタネになってきたショットですが、

これはリーガルですよ。

 

WPA(世界プール連盟)も

リーガルと認めています。

 

成功させるにはちょっと特殊な

ストロークが要りますが。

 

普通だと、手球と的球、

2個まとめて押すような形になって、

二度撞きしてしまいがちです。

 

私がやった撞き方は、撞点は右下で、

 

瞬間的にキュー先を

外側に逸らすように撞き出すことで、

二度撞きを回避しています。

 

どれだけ熟練したレフェリーが

見てくれるかによりますが、

ちゃんとリーガル(セーフ)だと

言ってもらえることでしょう。

 

だって、実際そうなんですから」

 

(了)

 

…………  

  

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 

 

徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

 

人気拡大中。スタイリッシュな電子タバコ。SK, Vaper

 

………… 

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ