2016年

10月

06日

〈BD〉「ナインオンフット」の9ボール、フェイエンの”準完全”試合

Niels Feijen 2015
Niels Feijen 2015

 

9ボールの「完全試合」と聞くと、

相手にバンキングしか撞かせず、

ずっとマスワリの連発で……という内容を

イメージする人が多いでしょうか。

 

では、「準完全試合」ならどうでしょうか。

 

以下で紹介するのは、

オランダが生んだ2014年世界チャンピオン、

ニルス・フェイエンが、

 

世界を獲る1年前(2013年)に、

メジャーマッチの一つである、

『ワールドプールマスターズ』で

見せた”準完全試合”の試合映像です。

 

フォーマットは16名のシングルトーナメント。

9ボール8ゲーム先取・勝者ブレイク。

 

この試合は、ベスト8のvs M・イモネン戦です。

 

ラックは、

今、日本のプロ公式戦でも増えている、

”9オンフット”を採用しています

(レフェリーが木ラックで組んでると思われます)。

 

まずは映像をどうぞ。約45分。↓

(試合開始は6分頃から。ラストラックは38分頃から)

 

 

ご覧の通り、結果はフェイエンの8-0完封勝利。

 

イモネンにも10回弱プレー機会がありましたが、

 

普通にポケットに狙える球が回ってきたのは

「0回」でした。

 

第1ゲームでブレイクをした他は、

セーフティや空クッション、ジャンプショットを

撞いた(撞かされた)だけ。

 

1球も入れていません。

 

フェイエンのマスワリは3回。

 

マスワリ以外の5点は、

①や②などローボールでセーフティを

決めてからの取り切りでした

(第3ゲームだけ①-⑨コンビ)。

 

TVコメンテーターは、

「ミスのないパーフェクトな勝ち方は

何度か観ているが、

その多くはランアウトの山を築いてもの。

この試合は戦略とランアウトの

見事なコンビネーションだった」

とフェイエンを讃えています。

 

ここでいう「戦略」とは、

プッシュアウトとセーフティの

使い方と技術を含めた

ディフェンスの運用法のことでしょう。

 

確かにこの試合ではそこが光っていますし、

フェイエン本人もそれを認めています。

 

例えば、第8ゲームの2番のセーフティ。

 

手球が自ら潜り込みに行ったのかと思えるぐらい

③の脇にビッタビタ。↓

 

 

フェイエンのオフェンス技術は、

この試合ではそこまで印象に残ってません。

 

むしろランアウトの途中では、数度、

ちょっと苦しい出しもありましたし、

「及第点」ぐらいじゃないでしょうか。

 

一方、「僕にとってワーストの試合だったよ」と

悔しがるイモネン。

 

全く撞き番が回って来なかったのなら

相手を讃えるしかないですが、

 

何度か回ってきてたのに、

ことごとくセーフティバトルに敗れ、

相手に全部持って行かれたとなると

それはアツいですね。

 

…………

 

ということで、

 

相手に撞かせているという意味では、

パーフェクトではないかもしれませんが、

 

完封スコアで、

相手に一球も入れさせなかったという意味で、

「準パーフェクト」と

言って良いんじゃないかという試合でした。

 

この試合の後、フェイエンは、

準決勝でA・パグラヤンに勝ち、

https://www.youtube.com/watch?v=FRG7AXLkDok

 

決勝でD・アプルトンに勝って優勝。

https://www.youtube.com/watch?v=1AkuN0FBfKM

 

そして、翌年の『9ボール世界選手権』で

初優勝を飾ります。

 

このプレーからも、

キャリア最盛期にあるであろう充実感と自信、

そして、「球が見えている感」が伝わってきます。

 

…………

 

そして、

この試合でのフェイエンの勝ち方を観ると、

 

やっぱり9オンフットラックでは、

そう上手くブレイクが決まるものでもなく、

マスワリ率も普通の9ボールよりは

下がるのが普通……ということで、

 

ローボールでのセーフティエクスチェンジで

優位に立つことがとても大事だという、

当たり前と言えば当たり前のことが

見えてきます。

 

「球の多い状態(ゲーム序盤)での

セーフティパターン集」の

映像や図例集(テキストブック)や

レッスンなどがあれば、

 

今改めて注目される……かも!? しれません。

 

…………  

  

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 


徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

  

………… 

  

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

 

<<<前の記事