2016年

9月

13日

〈BD〉イモネン、ワールド14-1初優勝! 2位はストリックランド

Mika Immonen Photo Courtesy of Erwin Dionisio
Mika Immonen Photo Courtesy of Erwin Dionisio
Earl Strickland Photo Courtesy of Erwin Dionisio
Earl Strickland Photo Courtesy of Erwin Dionisio

 

ニューヨークで行われていた

『ワールド14-1』

(World Tournament of 14.1)。

 

ファイナルは、

M・イモネン(フィンランド)と

E・ストリックランド(アメリカ)によって、

300点先取で争われ、

 

イモネンが300-270で

ストリックランドを破って、

大会初優勝を飾っています。

 

優勝:M・イモネン(フィンランド)

2位:E・ストリックランド(アメリカ)

3位:羅立文(台湾。JPBA)、

  J・ショウ(イギリス)

 

ベスト16のトーナメント表はこちらから。

 

JPBAからただ一人参戦していた

羅立文が2度目の挑戦で3位タイ入賞を果たしています。

 

…………

 

約6時間に及んだファイナルは、

「さすがに長い」と感想を漏らす人もいたようです。

 

イモネン、スト様、

双方とも100点を超えるランはなく、

セーフティエクスチェンジを挟みつつ、

小~中ランで競り合ったまま推移。

 

285-260で迎えた大詰めの場面で、

劣勢のストリックランドは10個を入れて

ブレイクでミス。

 

イモネンはそこから15個を取って

上がりました。

 

本大会は、

WPA(世界プールビリヤード連盟)公認の

世界選手権ではありませんが、

 

イモネンにとって、

久々の国際ビッグタイトル獲得となりました。

 

他の多くの欧米の選手と同じく、

早めのテンポでスパスパと撞いていき、

難局も高いショット力で打開していくのが

イモネンの14-1スタイル。

 

特徴である、重い球質とキュー切れを

感じさせるショットが14-1でも多かったです。

 

2010年には『14-1世界選手権』で準優勝

(優勝はO・オートマン〈ドイツ〉)がある

イモネン。

 

(ダービーシティクラシックでも2007年に

14-1のミニイベントで優勝しているようですが)

 

自身初の14-1タイトルとなりました。

 

…………

 

Mika Immonen

1972年12月17日生

フィンランド出身

ニックネームは「アイスマン」

2001年『9ボール世界選手権』優勝

2008年『全日本選手権』優勝

2008年&2009年『USオープン』連覇

2009年『10ボール世界選手権』優勝

2012年『ワールドカップオブプール』優勝

(チームフィンランド)

2014年『BCAホール・オブ・フェイム』

(ビリヤード名誉殿堂)入り

2016年『ワールド14-1』優勝

MEZZ / EXCEEDキュー使用

Kamuiタップ使用

 

本記事の写真は、

Erwin Dionisio氏撮影です

(Photo : Erwin Dionisio edionisio.com

 

…………  

  

BD Official Partners :  

  

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED 

  

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN 

  

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt 

  

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA 

  

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation 


徹底した品質の追求。信頼できる道具をその手に。KAMUI BRAND

  

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP 

  

………… 

  

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ 

 

 

<<<前の記事