2016年

8月

22日

〈BD〉「勝因は我慢のプレー」――アジア選手権連覇達成、羅立文の談話

Lo Li-wen won 2016 Asian 9-ball Championship Photo Courtesy of On the hill !
Lo Li-wen won 2016 Asian 9-ball Championship Photo Courtesy of On the hill !

 

『アジア選手権』(ナインボール)で

連覇を達成した

 

羅立文(ロー・リーウェン。JPBA)の

談話を以下でお届けします。

 

今年ここまで国内では準優勝1回、

3位が7回(!)と優勝がなかった羅プロですが、

 

今季1勝目がアジア選手権という

ビッグタイトルとなりました。

 

羅プロは、今週末の

『グランプリイースト第5戦 in 中延』(GPE-5)に

出場し、

 

その後は、アメリカに渡って

『ワールド14-1』に参戦します。

 

…………

 

Lo Li-wen

1978年7月10日生

台湾出身・神奈川県在住

JPBA43期生

JPBA年間ランキング1位・1回('10年)

『全日本14-1選手権』優勝3回

『北海道オープン』優勝3回

『関東オープン』優勝2回

『グランプリイースト』(GPE)では通算9勝

2010年『USオープン10ボール』準優勝

2015年・2016年『アジア選手権』連覇

他、優勝・入賞多数

POOL LABO』(神奈川)主宰

 

翌日の現地新聞 ↓

 

 

――連覇達成。今のお気持ちをお願いします。

 

「本当に嬉しいです。

 

まずは家族にありがとうと言いたいです。

 

大会初日から最終日まで毎日会場に来てくれて、

応援してくれたのですごく力になりました」

 

――大会前から連覇にかける思いは強かったのですか?

 

「はい、ずーっと意識してましたね。

 

日本を出発する前から常に頭にありました。

『もう一度、優勝するしかない』と。

 

あとは、台湾に来て、こちらの友だちや

ビリヤードの仲間、大会の関係者などにも、

『連覇を期待してるよ』というふうに

声を掛けてもらうことが多かったので、

試合期間中はより強く意識してました」

 

――今年の会場は初めて行く場所でしたか? 

体育館ではなくて、展示会場みたいでしたね。

 

「そうです。

 

ほら、横浜だとあそこ……

『パシフィコ横浜』みたいな場所ですね(笑)。

 

僕は大会期間中は実家には帰らず、

会場近くのホテルに泊まっていました。

試合に専念できる環境が作れたと思います。

 

しっかりと体調管理ができていたし、

練習や移動のスケジュールも

全て計画通りにできました」

 

――決勝シングルトーナメント(ベスト8~)は、

F・ブスタマンテ、呉坤霖、柯乗逸という

強敵との対戦が続きました。緊張感は?

 

「ありました。

 

でも、『自分にできることをやろう』

ということを一番に心掛けていたので、

自分の長所を出してプレーできたと思います。

 

具体的には、『ルーティンを守ること』と

『我慢のプレー』ですね。

 

やっぱり9オンフットブレイクの交互ブレイクの

ゲームは難しいです。色々なミスが出ます。

 

毎試合必ずブレイクで

ノーインやイリーガルがあります。

これは相手も同じです。

 

ベスト8からの3試合はいずれも接戦になりましたが、

その中で、我慢のプレーが徹底できたと思いますし、

それが勝因だとも思います。

 

こういうブレイクルールとフォーマットだと、

特にそこが重要じゃないかと僕は思います。

 

セーフティを使う場面も多いですし、

やっぱり我慢強さが必要になりますね」

 

――決勝戦は柯乗逸と最初から最後まで

シーソーゲームになりました。

どんな心理状態だったのでしょうか。

 

「試合が始まって、1-1ぐらいまでは

プレッシャーがありましたけど、

 

そこからは集中力が高まっていき

プレッシャーを感じなくなっていました。

 

決して内容的には完璧ではなかったですけど、

テーブルのことだけに集中できていましたね。

 

純粋に『自分にできることをやるだけ』という

精神状態になっていました」

 

――最後は柯乗逸が④のサイドバンクをミスして、

撞き番が回ってきました。連覇まで残り5球。

この時も緊張はしていなかった?

 

「はい、あの時も集中状態に入っていたので、

④が穴前にあるのを見て、

『これは大チャンスだな』と。

 

冷静にプレーできれば取り切れると思ってました。

大きなプレッシャーはなかったです」

 

――アジアチャンピオン、

1回目と2回目では受け止め方は違いますか?

 

「はい、違いますね。

 

1回目はとにかく嬉しくて、

『あぁ、ビッグタイトルが獲れた』

と感激していました。

 

今回はそれに比べると……

結構普通だったかもしれないですね(笑)。

 

前回みたいに、

ゲームボールをポケットした瞬間に

すごく興奮して大きな声が出たり、

力のこもったガッツポーズが

出たりするということもなかったです。

 

でも、連覇したいと強く願っていたので

嬉しかったです」

 

――最後にファンやPOOL LABOの生徒さんに

メッセージがありましたら。

 

「アジア選手権で連覇できたのは、

日頃から応援してくださっている皆さんのお陰です。

とても感謝しています。

 

生徒さんには……そうですね、

今回もまた台湾で、レッスンの良い材料を

見付けることができました。

またPOOL LABOで一緒に

ビリヤードを楽しく学んでいきましょう!

 

ありがとうございました」

 

(了)

 

………… 

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事