2016年

7月

13日

〈BD〉カスタムの輝き・『トンキン』編

 

カスタムキューを多数取り扱っている

UK Corporation

 

その代表、大原秀夫氏が所蔵している

キューを見ていく本企画。

 

今回紹介するのは、

超絶精細技巧で知られる

『Tonkin Custom Cues』

(トンキンキュー)です。

 

代表はピート・トンキン氏。

 

今回のキューは、

一見するとトンキンの割にはシンプル……?

と思えるキューなのですが……。

 

(※トンキンの派手なキューはこちらから。

昨秋の記事に飛びます)

 

 

茶褐色の材木(名称不明ですが、

バール系にも見えます)をベースにして、

 

フォアアームには長く伸びた4剣ハギが、

スリーブには4つのウインドウが入っています。

 

特徴的なのは、革巻きグリップの上下と

スリーブ後端に入れられたリングで、

 

"まきびし"のような

三角デザインのシルバーを並べています。

 

また、近付いて見るとわかるのですが、

ハギもウインドウも

綺麗に磨かれたシルバーで縁取られていて、

 

手に取って回してみると

キラリと輝きを放ちます。これはお洒落。

 

トンキンが4剣ハギ&ウインドウという

キューの"様式美"に則って作ったら、

やっぱり個性が浮かび上がってきたぞ、

という風にも解釈できそうなモデルです。

 

大原秀夫氏・談:

 

「製作されたのは4、5年ぐらい前でしょう。

 

初めて見た時に一目惚れしたキューで、

 

この春、

アメリカ(『スーパービリヤードエキスポ』)で

4回目の出会いをして、今度こそ購入してきました。

 

ピート・トンキン本人から、

まずディーラーコレクターに行って、

次にテキサスのディーラーに渡って、

それから私のところに来たキューです。

 

まあ、人の手を巡ってる間に

値段は上がってるんですが(笑)、

 

ファーストインプレッションがとにかく良くて、

その印象が何年経っても変わりませんでした。

 

そのディーラーもロータスに乗ってる人で、

車繋がりで仲が良くなって、

交渉しやすくなったというのは事実です。

 

これはfor sale。

価格は80万円ぐらいとしておいてください。

 

なんといってもシルバーベニアの出来の良さに惚れました。

 

最初はハギのダイヤと、まきびしリングに使われている

シルバーに目を引かれたんですが、

 

手に取って回してみたら、

『全部シルバーベニアが入ってる!』と。

 

そしてまた、このシルバーのポリッシング(磨き)の

精度が高くて美しいんですよ。

 

惜しいことに、

シルバーベニアは芸が細かすぎて、

離れて見ている人には

気付いてもらえないかもしれません。

 

もしかしたら試合で対戦相手が気付いてくれるかどうか

というところがかえって奥ゆかしいですね(笑)。

 

ハギはエボニーで、

ベニアは内側から、ブルーが2種、レッド、ブラック、

そしてシルバー。

 

このまきびしリングも彼オリジナルのデザインで

僕も初めて観ました。

 

トンキンのデザインとカラーのバリエーションの

豊かさは特筆に値すると思います。

 

本当に引き出しが多いキューメーカーなので、

彼のキューを見るのはいつも楽しみです」

 

(了)

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事