2016年

7月

03日

〈BD〉ニューヒロイン誕生。平口結貴&イグナシオが初優勝! 『関東オープン』

Yuki Hiraguchi & Jeffery Ignacio won 2016 Kanto Open
Yuki Hiraguchi & Jeffery Ignacio won 2016 Kanto Open

 

ポケットビリヤード・プロ公式戦の

『関東オープン』が閉幕しました。

 

会場は『バグース六本木店』。

 

※フォトギャラリーはこちらから。

 

男子は、本大会初登場のフィリピンの23歳、

ジェフリー・イグナシオが、

 

彼の特徴である、素振り0~1回の

ハイテンポプレーでギャラリーを沸かせ、

 

ファイナルでは、今年絶好調、

5勝を挙げている土方隼斗を、

 

マスワリ5発を絡めて

8-1で破って初優勝を飾りました。

 

 

優勝:ジェフリー・イグナシオ(フィリピン) ……左2

2位:土方隼斗 ……右2

3位:P・J・オルテガ ……左

   羅立文 ……右

 

ファイナルでもヌルヌルスルスルっと、

独特な間合いとストロークで行き切りました。

 

ミニ談話とブレイクスロー動画は近日中に。

 

…………

 

女子の部は、ベスト8の8名中、

プロ公式戦優勝経験があるのは夕川景子のみ、

というメンバーでスタート。

 

ファイナルは、

これがプロ入り初戦となる18歳の新人、

平口結貴と、

 

これが2度目のファイナル進出となる

藤田知枝の対決となり、

 

平口がヒルヒルの熱戦を制して初優勝(7-6)。

 

 

優勝:平口結貴 ……左2

2位:藤田知枝 ……右2

3位:夕川景子 ……左

   藤井寛美 ……右

 

「ゆうきちゃん」改め、平口プロの

最後の取り切りは本当に見事でした。

 

ストロークはダイナミックに、

プレーは速く、

そして気持ちは強く。

 

そんなテーマが感じられるような

2日間の戦いぶりでした。

 

この1年の成長も目を見張るほどの早さ。

 

JPBAの新人女子プロがデビュー戦で

優勝したのは史上初の快挙でしょう。

 

恐らく女子最年少(18歳)優勝記録のはずです。

 

(※歯切れが悪くて申し訳ありません。

調べておきます)

 

先例のあるなしに関わらず、

鮮烈なプロデビューとなりました。

ニューヒロインの誕生です。

 

本人の談話は追って。

 

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

<<<前の記事