2016年

6月

18日

〈BD〉"ナイン・オン・フット"ラックの攻略ブレイク

 

『アムウェイカップ』で、

今年から導入された"ナイン・オン・フット"ラック。

 

これは、フットスポット上に①ではなく

⑨を置いて組むラックです。

 

つまり、ラック全体がテーブル中央方向に

ずずずいっと寄っています。

 

↓アムウェイの大会パンフレットより。

 

 

従来の、

フット上に①を置いて組むラックでは、

 

サイドブレイク(「レールブレイク」とも)

をすると、

 

パワーが強かろうが弱かろうが、

厚みが多少ズレていようが、

ほぼ100%近い確率で、

 

「ウイングボール」

(⑨の横にある2つのボールのうちの

撞き手サイドのボール)が

ポケットに入っていました

(※ラックシート使用時)。

 

"当てれば入る"というヤツです。

 

これを「即死する」

「ウイング即死」などと言ったりします。

文字にすると穏やかではありませんが……。

 

しかし、ナイン・オン・フット・ラックでは

手球を①の真正面に、

真ん中の撞点で当てても

ポケットインしてくれません。

 

では、プレイヤー達はどうやって

ブレイクイン率を高めているかというと、

 

多くの選手がチョイスする方法は、

 

「①の真っ直ぐではなく、

ほんのちょっと、あるいはそれなりに薄く当てて、

ヒネって打つ」です。

 

ヒネリは、ラックに向かって左側から

ブレイクするなら「左ヒネリ」、

 

右側から打つなら「右ヒネリ」です。

 

なおかつ、手球の"北半球"を撞く人は、

ほとんどいないようでした。

 

つまり、撞点は

"真左"、"左下"、"真右"、"右下"。

 

①に当てる厚みがド真っ直ぐではないので、

手球はラックに当たった後、

たいてい長クッションに入ります。

 

ヒネって①に当てることで、

ウイングボールの進むコースを

微修正することができ、

 

結果として、「そこそこ~悪くない確率で」

ウイングボールがコーナーに入ります。

 

また、①がサイドポケット方向に向かうので、

①を(①も)、サイドへのインを

意図的に狙っているプレイヤーもいます。

 

…………

 

BDが観てて上手いなーと思ったのは、

台湾トップの周捷妤。↓

 

 

ウイングボール(②)がコーナーに、

①がサイドに入っています。

 

割と①に厚く手球を当ててます。

 

…………

 

日本の河原千尋プロのブレイクも

40人中のTop 10に入っていたと思います。

 

 

ウイングボール(⑧)がコーナーに、

①がサイドに入っています。

 

本人に聞いてみたところ、

 

「これは結構①に薄く当ててますが、

もうちょっと厚めに当てるのが理想です。

 

私の場合、ウイングボールを入れることは

狙っていますが、①インは求めてません。

 

どちらかと言うと、①はサイドに入らずに

流れて(撞き手側に動いて)くれた方が良いかな。

 

①がサイドに入ると、

"スリーポイントルール"に引っかかって

"イリーガル"になる危険性もあるんですよ。

 

撞点は真左〜左下ですね」

 

とのこと。

 

…………

 

最後に、

河原プロに勝った中国の韓雨のブレイクも。

 

 

ウイング(⑥)は入ってませんが、

①がサイドに入りました。

このブレイクは3連発マスワリ上がりの

最後のブレイクだったと思います。

 

こんな失敗もあります。↓

同じく韓雨。

 

これはこの試合の序盤か中盤のブレイク。

 

 

引きとヒネリが効きすぎたのか、

長クッションに一度入ってから

グーッと引けてきてスクラッチ。

 

対戦していた河原プロも

よく覚えていたシーンでした。

 

…………

 

今回BDは、女子の国際試合で、

初めてナインオンフットラックを観ましたが、

 

やはりこのレベルのプレイヤー達は、

元々のブレイクスキルや

ブレイクパワーがあるからなのか、

想像以上に対応できていた印象です。

イン率も思った以上に高かった。

 

新ラシャですし、

ポケットもそこまでタイトではないので、

テーブルコンディション的にも

(まだ)入りやすいということもあるでしょう。

 

もちろん撞点や厚みやパワー、

それから手球の跳ねさせ具合など、

シビアに追求しなければいけない要素が多々ありますが、

 

世界のトップたちはしっかり予習してきているな、

というのが率直な印象。

 

大会前、BDは、ブレイクでは的球が

あまり入らないだろうと思っていたし、

 

入ったとしても、トラブルのある

配置になることが多いんじゃないかと

思っていましたが、

 

大会2日目の時点では、

そこまででもありませんでした。

 

あと2日、注視しておきたいと思います。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事