2016年

6月

07日

〈BD〉「油断せずに撞き続けられるメンタル」――ハウステンボス九州オープン優勝・土方隼斗の談話

Hayato Hijikata (right) won 2016 Huis Ten Bosch Kyushu Open Photo :  On the hill !
Hayato Hijikata (right) won 2016 Huis Ten Bosch Kyushu Open Photo : On the hill !

 

先週末、長崎で行われた

『ハウステンボス九州オープン』

 

大会初優勝を飾った

土方隼斗プロの談話をお届けします。

 

今年すでに5勝目。

自身初の年間「6勝」以上をマークしても

驚きはありません。

 

今週末の『グランプリイースト第4戦』に注目です。

 

談話は、マスワリ7連発上がりを逃した、

決勝戦・最終第8ラックの4番ミスのことから

始まります。

 

…………

 

Hayato Hijikata

JPBA40期生

1989年3月16日生 東京都出身&在住

アマ時代の2005年に『世界ジュニア』銀メダル

2005年&2013年『関東オープン』優勝

2007年『ルカシージュニアワールドテンボール』優勝

2008年『北海道オープン』優勝

2010年『エイトボールオープン』優勝

2013年『ジャパンオープン』優勝

2013年、2014年、2016年『関西オープン』3勝

2013年『東海グランプリ』優勝

2016年『全日本ローテーション』優勝

2016年『ハウステンボス九州オープン』優勝

『GPE』通算15勝、他、入賞多数

2013年JPBA男子年間ランキング1位

使用キューはEXCEED & MEZZ

 

土方隼斗、第8ラックでの4番ミス
土方隼斗、第8ラックでの4番ミス

 

――決勝戦はマスワリ7連発上がり……

かと思いましたが、

わずかに4番が厚く外れてしまいました。

 

「結構ショックでした。

 

あの4番、7連発で上がりたいから

無理に狙いに行ったということはないです。

他の試合でも攻めてた球でしょうね。

 

だいぶ『景色の悪い球』で、

成功率はそんなに高くないです。

 

強く撞けないから、少しでもヨレたら入らない。

かといって、

あの場面では良いセーフティもないし……、

攻めに行かざるを得ない配置でしたね。

 

渾身のイレイチをしたんですが……(苦笑)」

 

――あの試合の終盤、

7連発上がりは意識してましたか?

 

「実は試合前は、バンキングを自分で取って、

8連発することを意識してました(笑)。

 

そういう気持ちだったんです。

 

『こっちが行き切らなきゃダメだ』と。

 

というのも、それまでの

川端さん(聡プロ)のプレーをなんとなく見ていたら、

 

決勝戦で使ったあのテーブルでの

ブレイクを掴んでいそうでしたし、

ターンを回したら一気に走られる気がしてたので。

 

川端さんにバンキングを取られた時は

『少なくとも3マスは行かれる』と覚悟してました。

 

でも、川端さんのブレイクは良い形にならなかった。

僕としてはツイてました」

 

――ここのところ、

『調子は良い。球は入ります』という

コメントをいただくことが多いですが、今回も?

 

「ファイナルは特に良かったですけど、

それまではポロポロとミスをしてました。

 

ちょうど2週間前の

グランプリイースト第3戦(優勝)と逆ですね。

 

あの時は準決勝までは良くて、

決勝は良くなかったので。

 

今回のミスの原因は……恐怖心もあると思います。

 

7~8ゲーム先取という短めの試合で、

勝者ブレイクのナインボール。

 

そして、テーブルコンディションは

穴幅が広くて、かなり撞きやすい状態。

 

どうしても

『相手に行かれちゃうんじゃないか』と考えてしまう。

結構ずっと怖かったです。

 

その精神状態が招いたミスもあったと思います」

 

――いったん形ができたら、

取り切れるかどうかの勝負になりますね。

 

「ですね。

出来てる配置は確実に取らないとダメです。

 

ブレイクの配置が悪かった時とか、

互いにセーフティを撞いてる時はともかく、

 

シュートミスでターンを回しちゃうと

勝てる確率は一気に下がります。

 

きっと皆、同じように考えていたと思いますが、

プレッシャーがかかり続けやすい

フォーマットだと思います」

 

――今の隼斗プロは、

形ができたら取れる自信があるのでは?

 

「あり……ますね。

 

取り切るイメージというか、

入れるイメージがずっと良いので。

 

ただ、今状態が良いのは、

 

調子が良いからと言って簡単に撞き過ぎない

メンタルが身に付き始めているからだと思います。

 

油断せずに撞き続けられるメンタルというか。

 

今、何が良いかと言われると、

そこが一番じゃないかなと。

 

サクサク行くところは行ってますけど、

要所要所はちゃんと丁寧にやるようにしています。

 

その辺のバランスが上手くできているかな」

 

――初の九州タイトルです。

 

「嬉しいですね、

『九州』と付いているタイトルを獲れて。

 

全国のオープン戦を制覇したいですから(笑)。

 

九州オープンは2年前までは

プロランキングポイント対象試合ではなかったので、

来る機会はなかったですし、

 

僕、去年は準決勝で東條さん(紘典プロ。優勝)に

負けてますからね。

 

その分、今回の準決勝は力が入りました」

 

――今年早くも8戦して5勝です。

2013年の年間5勝に並びました。

 

「これはどう考えても出来過ぎです。

 

2013年の5勝は……

もう並ぶことすら難しいだろうと思ってました。

 

それがこんなに早く5勝できたというのは、

自分でも全く考えてなかったことです。

 

個人的には、8戦5勝ということ以上に、

 

8戦して7回決勝戦を撞けたということの方が、

信じられない気持ちですね。

 

その中には、ローテーションとか14-1とか

本大会もそうですけど、

自分としては『運がないと上に行けない』と

思ってた試合もあります。

 

それがこの成績ですから……、

色々な状況に恵まれてるとしか言い様がありません。

 

運勢もあるし、調子も良いし、

色々と重なりあっての成績だと思います。

 

もちろん、このまま今週の

『グランプリイースト第4戦』も

勝ちたいと思ってますし、

 

7月~8月には、

『ジャパンオープン』『世界選手権』など、

国内外でビッグトーナメントが続くので、

 

2016年下半期も良い結果が出せるように

やっていきたいです」

 

(了)

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事