2016年

5月

29日

〈BD〉埼玉、初優勝! 『都道府県対抗』

 

40都道府県対抗48チームが参加した

『第52回都道府県対抗』(和歌山開催)。

 

5人一組で、ローテーションの120点先取で

競う本大会。

 

今年は、初めて決勝ラウンド(4強)進出を

決めた埼玉Aが、

 

準決勝で静岡Aを3-2で、

 

決勝で山口を3-2で破って初優勝を飾りました。

 

優勝:埼玉A

2位:山口

3位:沖縄

4位:静岡A

 

大会2日目のフォトギャラリーはこちらから

(随時、追加していきます)。

 

JAPA公式サイトはこちらから。

 

…………

 

埼玉A優勝メンバー

 

 

一番手:喜島安広(きじまやすひろ)

 

…………

 

 

二番手:寺田健次(てらだけんじ)

 

…………

 

 

三番手:高橋政章(たかはしまさあき)

 

…………

 

 

四番手:建川雄司(たてかわゆうじ)

 

…………

 

 

五番手:青柳高士(あおやぎたかし)

 

…………

 

埼玉、土俵際で踏ん張りました。

 

準決勝の静岡A戦も、

決勝の山口戦も、

星を分けあって2-2になってから、

 

若い高橋政章や

新戦力の建川雄司が、

落ち着きあるプレーで試合を決めました。

 

同じく新戦力の寺田健次も

初出場とは思えない安定した

パフォーマンスを発揮していて、

 

喜島安広、青柳高士の二枚看板だけではない、

5名全員で決めた初優勝でした。

 

「本当に皆で掴んだタイトルです。

 

僕が初めて都道府県対抗に出てから約20年。

 

優勝は悲願でした。

 

こんなに嬉しいことはありません」

 

と、赤い目で語る青柳。

 

優勝コメントの続きは近日お届けします。

 

…………

 

静岡Aも山口も、

勝利はかなり近いところに見えていました。

 

しかし、やはり重圧があったのか。

決定機を逃してしまいました。

 

埼玉にツキがあったといえばあったのですが、

その機を逃さず決め切ったあたり、

チームとしての気持ちと思いの強さを感じる

埼玉の初優勝劇でした。

 

 

最後の建川選手のテーブルを取り囲む人々。

 

都道府県対抗ではお馴染みの光景です。

 

一気にぐわっと出現した人垣に、

建川選手が一瞬、「うわっ」という顔をしたのを

見逃しませんでした。

 

この現象に名前を付けたいですね。

 

 

……を撮る人々。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事