2016年

4月

28日

〈BD〉成熟する「シャフト」市場。品揃え豊富なNew Artに聞いてみた

Photo : New Art
Photo : New Art

 

ビリヤードキューの上半分、「シャフト」。

 

キューは、下半分の「バット」と合わせて

「1本」として売られていますが、

 

この20年ほどで、

シャフトに対する認識は大きく変わりました。

 

「1本の木材を成形して作る

標準タイプ(ノーマルシャフト)ではなく、

 

特殊加工を施して優れた性能を備える

高機能タイプ(ハイテクシャフト)を選ぶ」

 

「打感や性質など好みに応じて、

他社製のものも含めて気軽に付け替える

(消耗品なので摩耗したら取り替える)」

 

……という方向にグイッとシフトし、

それが業界通念になってきた感があります。

 

それもこれもやはり、

約20年前に登場した、

いわゆる「ハイテクシャフト」の草分け、

 

Predator社『314シャフト』

功績と言えるでしょうか。

 

…………

 

現在、国内外のメーカーの多くが、

多くのオリジナルシャフトを

製作・販売していますが、

 

ビリヤード用品国内取り扱い大手の

『New Art』(ニューアート)は、

シャフトの品揃えも日本屈指のレベル。

 

国内の定番ブランドから、

日本のプレイヤーが初めて見るような

海外メーカー製シャフトまでカバーしています。

 

先に挙げた『Predator』を筆頭に、

『OB』、『Cutec』、『POISON』あたりも

日本でも認知度が高いと言える

海外シャフトですが、

それに加えて、

 

PURE X(ピュアエックス)

McDermott(マクダモット)

JOSS(ジョス)

JACOBY(ジャコビー)

RC3(リチャード・チュディ)

McWorter(マクウォーター)

 

といったアメリカの

人気プロダクト/カスタムメーカーの

ハイテクシャフトまで取り揃えています。

 

これだけのシャフトが一堂に会しているのは、

日本でもNew Artだけではないかと思います。

 

普段は社外秘の部分ですが、

シャフトのストック棚も見せていただきました。

いっぱいありますね。↓

 

Photo : New Art
Photo : New Art

 

「先日、棚卸しの調査があったため、

まだ札が付いたままの状態で

少し見苦しいですが……(笑)。

 

照明がまぶしく感じられるかもしれませんが、

LED照明ですので発熱、ヤケなどの心配はありません。

 

また冬場と夏場では室内外の温度変化が大きくなるので、

エアコンでフルタイム調整しています」

(New Art担当スタッフさん)。

 

そんなNew Artに、

シャフトにまつわるあれこれを尋ねてみました。

 

…………

 

 

――最近人気のシャフトとは?

具体的に商品名を教えてください。

 

「この3ヶ月のトップセラーは、

 

『314-3』(Predator)

 

『EX pro』(EXCEED〈三木〉)

 

『A.C.S.S PRO』(ADAM JAPAN)

 

あたりになります」

 

――海外メーカー製のシャフトも含めて、

多数取り扱っていますが、

それはどのような理由からでしょうか?

 

「多くのお客様のニーズにお応えするためと、

 

他社製品(バット)とのマッチングで、

お客様自身でキューをカスタマイズできるという

楽しさをご提供するためです」

 

――御社で取り扱っているシャフトのうち、

「ノーマルシャフト」と「ハイテクシャフト」の

比率はどのぐらいですか?

 

「ざっくり言えば、

『ノーマル2割:ハイテク8割』でしょうか」

 

――近年はどのような特徴・性質を持った

シャフトがプレイヤーに好まれているのでしょうか?

 

「若い世代や、プレイヤー志向の方には

"見越し"(左右の"ヒネリ"を撞いた時の横ズレ、トビ)の

少ないもの、

またはパワーのある(=切れのある)シャフトが

好まれており、標準化してきているかもしれません。

 

また、40~50代のいわゆる"ハスラー世代"の方は、

ノーマルシャフトで

木そのものの打感を楽しむ傾向があり、

 

一度はハイテクを使ってから、

ノーマルに戻られる方も増えて来ている現状もあります」

 

――最後に、海外メーカーの

シャフトの中で今オススメのものを

2、3挙げていただけませんか?

 

「まずは、

やはり『314』シリーズ(Predator)ですね。

 

ハイテクシャフトのパイオニアでありながら、

常に進化を止めないシリーズ。

 

ずっとブレない『10分割構造』を元に、

テーパーや先端径などでバリエーションを増やし、

様々なユーザーのニーズに対応しています。

 

次にJACOBY(ジャコビー)の『EDGE』シャフト。

 

カスタムキューでありながら

いち早くオリジナルのハイテクシャフトを取り入れ、

お客様のニーズに対応しようとしています。

 

8×8の64分割ラミネート構造により、

見越しの軽減を図っています。

 

そして、JOSS(ジョス)の

『ハイパフォーマンスシャフト』

挙げておきたいです。

 

待望のJOSSオリジナルの

ハイテクシャフトで、

 

10分割の貼り合わせ構造と

先端2層構造を融合させて、

どのアングルでも安定した性能を発揮できる

ようになっています。

 

ソリッドな打感と見越しの軽減を

実感していただけると思います」

 

…………

 

New Artさん、

ためになるお話、ありがとうございました!

 

もっとシャフトを見たい方は、

New Art公式ホームページの

「シャフト」のページヘどうぞ。

 

New Artの最新情報はTwitterや、

Facebookページでチェック!

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

新ラックシートの製作費と特許費用を。C&Fオリーブ

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事