2016年

3月

25日

〈BD〉間もなく中国スヌーカー留学へ。15歳、神箸渓心に聞いてみた。

Keishin Kamihashi
Keishin Kamihashi

 

今月末に中国・北京に渡り、

 

4月から現地の『CBSA世界スヌーカー学院』に

進む神箸渓心選手。

 

出発を1週間後に控えたある日、

地元・愛知にいる渓心選手に

電話インタビューをしました。

 

ちょうどその日、118点の

センチュリーブレイクを出した渓心選手。

 

その喜びもあったのでしょう。

どんな質問にも明るくハキハキと

答えてくれました。

 

「世界一」の夢に向かって

本当のプレイヤー修行が始まろうとしています。

 

…………

 

Keishin Kamihashi

2000年12月29日生まれ

愛知県出身

MEZZスヌーカーキュー使用

2016年4月よりCBSA世界スヌーカー学院に在校

『公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団・スポーツチャレンジNEXT』助成対象者

日本での主な戦績は

2014年『第13回全日本スヌーカー選手権』準優勝

2014年『第3回全日本6-redスヌーカー選手権』優勝

海外での主な戦績は

2015年『IBSF World Under-18 Snooker Championship』(U18世界選手権)9位

2016年『Hong Kong International Snooker Tournament』(U21)3位

 

 

――今日(3/22)、118点ブレイクが出たそうですね。

 

「はい、1年ぐらい前にタイで出した自己記録を16点更新できました(笑)。タイで102点を出した時は、調子も良くて自信もあったから出たんだと思います。それ以来、あまり自信がない状態が続いていて、70~80点ブレイクは週1ぐらいで出るんですけど、センチュリー(100点)が見えてくると緊張で球を外してました。やっぱりまだセンチュリーは何度も出したことはないから、チャンスが来ると慣れてなくて少し緊張します」

 

――4月から中国でスヌーカー留学。以前から考えていた進路ですか?

 

「具体的に考えるようになったのは半年ぐらい前です。スヌーカーを学べる学校や施設はタイ、香港、イギリスにもあるんですけど、条件とか費用とか色々な問題があって入るのは簡単ではないです。この北京の『CBSA世界スヌーカー学院』は他に比べると入りやすいですし、強い人がいっぱい在校していてコーチもいます。日本からも遠くなくて、上達できる環境が整っているのでここに決めました。下見もしたことがあります」

 

――現地を見たことがあるんですね。

 

「はい。実際にあそこで練習したこともありますし、学校内で開催された試合に出たこともあります」

 

――4月から毎日スヌーカー漬けですね。ワクワクしてますか? ビビってますか?

 

「どっちもですね(笑)。ビビってますけど……楽しみです。もし腐ってしまったら何も成長できないから、そういうところは不安ですけど、自分に期待しているところもありますし、成長できることを楽しみにしています」

 

――生徒数は? そして、どのぐらいの期間、通うんですか?

 

「生徒は30~40人ぐらいだと思います。僕はまず1年行って、1年経った時に先のことを決めます。留学期間を伸ばす可能性もあります。この学校は何年で卒業というものはなくて、学費を払っている限り、いようと思えばずっといられます。短い人だと半年だけ通うという人もいます」

 

――学校ではスヌーカーの実技をメインに学ぶことになるのでしょうか?

 

「そうです。技術的な部分は、これまでやってきて少しは自信が持てる部分もありますが、全体で見るともう全然まだまだなので、まずはそこですね。強い人たちのテクニックを見たり、教わったりして、吸収していきたいです。実技ならジェスチャーでもだいたい伝わるので、ちゃんと学べると思います。

 

それと、学ぶというのとはちょっと違うと思うんですけど、強い人の相手をすることに早く慣れたいですね。日本ではガンガン入れてくる強い人は少ないですが、向こうにはそういう人がいっぱいいるので、そういう人たちに勝てるように、まず『強い人に慣れる』というのも大事なことなのかなと思います」

 

――メンタル面は?

 

「言葉の問題もあるので、まだ理解するのが難しいと思いますけど、勉強します。できれば緊張感のコントロールができるようになりたい。今の僕はただの練習ゲームでも競ってきたら『勝ちたい』という気持ちが出てきます……常にそういう気持ちですけど(笑)。でも、『勝ちたい』と思うと緊張感が増すんで、緊張感に対して強くなりたいです」

 

――向こうでは寮生活になるようですね。

 

「はい。男だけの狭い4人部屋です(笑)。寮も下見したことがあるんですけど、学校のすぐ近くにあって、結構ボロボロの寮で、めっちゃ狭い部屋なんです。同じ部屋の人と仲良くなれればいいんですけどね」

 

――今後、日本の試合は?

 

「『全日本選手権』や『ジャパンオープン』という大きな試合は出たいと思っています」

 

――海外の試合は?

 

「まだ具体的には決まってないですけど、『U21世界選手権』などには行けたら良いなと思っています」

 

――地元の友達や中学のクラスメートとは全く違う道ですね。

 

「高校っていうのは楽しそうなので、ちょっとだけ羨ましいなって思います(笑)。でも、僕は『スヌーカーで食べていく』という夢があるんで、自分の道で頑張ることに決めました。両方を選ぶことはできないんで、それはもうしょうがないかなって。今は色々な人に『頑張って』ってよく言われますし、応援してもらっていることを感じています」

 

――1年後、16歳でどんなプレイヤーになっていたいですか?

 

「『U21世界選手権』とかのアマチュアの国際大会で、予選通過は当たり前、ベスト8~ベスト4の常連になれたら良いなと思います。そして、2、3年後にはそういう国際大会で優勝してプロになって、20歳になる頃にはプロランキング50位~40位になりたい。スヌーカーで一番強い時期は25歳頃なんですが、僕はその時にトップ16に入っていたいです。もちろんその先の夢は『世界一』です。

 

 そこに向かって行くためにはもう今しかないんです。今の僕は、15歳でこのレベルというのは結構遅いんで、早く色々と覚えてプロにならなきゃいけないって思ってます。スヌーカーって本当に覚えることが多い競技で、何年か経つと覚えることが難しくなってしまう。だから、早く追い付けるように頑張ります」

 

(了)

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

「さあ、始めよう、ビリヤード!!」。有田ビリヤードスクール

 

新ラックシートの製作費と特許費用を。C&Fオリーブ

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

 

<<<前の記事