2016年

3月

05日

〈BD〉月刊『タカタ写撞部』2016 February

 

【撞球的ノー・トリミング】

 

ペットや、アパレル、

そしてカメラの世界では、

『トリミング』というワードが

身近にあります。

 

いずれの場面も、整える、とか、

縁取り、的な意味で。

 

今回はビリヤード界のトリミング。

いや、ノー・トリミングな

お話しをしたいと思います。

 

スポーツにおいて

フォームの美しさというのは、

上級者の共通項でもあります。

上手い=カッコイイ。

 

その美しさに加えて

群を抜く安定感を纏う人がいます。

 

まるで“ソレ用”に

フォームを作ったのかと思うほど、

カメラのフレームに

ピタリと収まるビリヤード選手が。

 

ポケットのプロであれば、

東日本の鈴木清司プロと

西日本の原口俊行プロが

その代表格かと思います。

 

もし、この2人を撮った写真に

違和感があったとしたら、

それは撮り手の

落ち度と言わざるを得ません。

 

均整のとれたフォームは、

ベーシックに撮りたいですね。

 

【2016年2月・この1枚】

原口俊行プロ(JPBA)西日本GPにて

2016年2月28日

マグスミノエ(大阪市住之江区)

 

※本企画のバックナンバーはこちら

 

…………

 

〈近況Info〉

 

ビリヤードを撮る人、

ますます増えていると感じます。

 

そもそもがカッコいいので、

写真で広めていけば、

その先にビリヤード人口の

増加が待っているはずです。

 

どんどん撮って、

それをビリヤード仲間に見せるのでなく、

「お! ハスラーだね!?」

というコメントをして下さる方々に

向けて発信しましょう!

 

世の中でハスラーというのは誉め言葉です。

これゼッタイ。

 

そしてビリヲカの方は、

あまりにデータが進化し過ぎて、

どうやって見てもらおうか

頭を悩ませています。これホント。

 

近々、facebookページから、

その一部をリリースします。

 

それでは、また来月お会いしましょう!

 

…………

 

※『タカタ写撞部』は、

ビリヤード写真を日本一楽しんで撮る男であり、

『ビリヲカ』監修者でもある

タカタアキラ氏の寄稿記事です。

 

来月もお楽しみに!

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

「さあ、始めよう、ビリヤード!!」。有田ビリヤードスクール

 

新ラックシートの製作費と特許費用を。C&Fオリーブ

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

 

<<<前の記事