2016年

2月

14日

〈BD〉3C東京オープン、開催中! 初日のフォトギャラリーとちょっと裏側

Nobuyasu Sakai
Nobuyasu Sakai

 

東京・新大久保の『ビリヤード 小林』で

開催中のスリークッション公式戦、

 

『第22回東京オープン』

(22nd 3-Cushion Tokyo Open)に

行ってきました。

 

JPBFのプロ3Cランキングレースも

遂に開幕しましたね。

 

BDが行ったのは初日(13日・土)のみです。

 

出場56名中、36名のプレー写真を

撮りましたので、

 

フォトギャラリーをぜひどうぞ。こちらから。

(Photo Gallery is on this page.)

 

2日目(14日・日)の速報・結果などは、

Carom SeminarさんのFBページにて。

 

国内トッププロの一人、

船木耕司プロは急遽体調不良

(インフルエンザらしい)とのことで

欠場です。

 

また、昨年度覇者の新井達雄プロと、

梅田竜二、小林英明、田名部徳之

という3名のランキングシード選手は、

2日目からの登場のため、

撮れていません。

 

以下、

フォトギャラリーにアップしていない写真で、

ざざざっと裏側を……。

 

…………

 

 

2日目に残ったプロ3年目の森雄介。

 

じゅーじゃんを挑んできたので、

 

返り討ちを目論見ましたが負けました。

「ゴチでーす」と見下されました。

 

その場には東内那津未プロもいて、

僕がドベでした。

 

…………

 

 

トレーニング中(?)の運営担当Y氏。

 

…………

 

 

"一生B級"ライター遠藤氏が

観戦に来ていました。

 

主目的は若尾克美プロの応援でしたが、

その若尾プロは奥村健プロとの

"神奈川対決"に敗れています。

 

…………

 

 

決勝ラウンドに残ったアマ選手全員に

ビリヤードグローブプレゼント。

 

韓国の3C世界チャンピオン、

崔成源(チョ・ソンウォン)モデルだそう。

 

そして、ベストアマ賞は

F・クードロンシリーズのキューケース。

 

ともに韓国のBILLPLEXさんからの

協賛品だとのこと。

 

…………

 

 

韓国のビリヤード誌

『月刊スポーツビリヤード』の

最新号があったのでチェック。

 

ビリヤードテーブル(キャロムテーブル)の

広告がかなり多く、

メーカーもデザインもサイドアイテムも

多岐に渡り、

 

"キャロム大国”韓国では今なお

新規設置・入れ替えなどのニーズが

多いことがうかがえます。

 

表紙は(有名ではない)

アマチュア選手のようです。

 

…………

 

 

こちらも2日目に残った界敦康プロ。

 

日本屈指のグッドストローカーの腕の振りを、

スローでサイドから撮らせてもらいました。

 

フリッカー(チラつき)がヒドイですがご容赦を。

 

ひ、肘から下しか動いてないぜ……。

 

…………

 

 

「俺を撮ってんじゃねぇぇぇぇ、

びーでぃーぃぃぃぃぃぃ。

 

な~んてね♪」

(小野寺プロ)

 

現場からは以上です。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

「さあ、始めよう、ビリヤード!!」。有田ビリヤードスクール

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事