2015年

12月

23日

〈BD〉年の瀬のボーニング、そしてクードロン

Shane Van Boening. 2015世界選手権にて
Shane Van Boening. 2015世界選手権にて

 

あと9日で2015年が終わります。

 

すでに忘年会や試合納めなどを

したという方も多いと思います。

 

撞き納めにはまだ早いでしょうか。

 

海外のポケット・キャロムのトップ選手たちは、

先週から今週で仕事(試合)納めという人が

多かったようです。

 

以下、2つのビッグイベントの結果です。

 

…………

 

 

公式戦ではありませんが、

アメリカではトップ選手ばかり

6名限定のリーグ戦、

 

『"Make It Happen" 10-BALL Invitational』

が行われました。

 

メンバーと順位は以下の通り。

 

優勝 S・V・ボーニング

(リーグ戦3勝2敗。優勝決定戦でショウに勝利)

 

2位 J・ショウ

(リーグ戦4勝1敗。優勝決定戦でボーニングに敗北)

 

3位 T・ホーマン

(3勝2敗)

 

4位 Kevin Cheng

(今年のUSオープンで優勝した台湾の鄭軒のこと)

(2勝3敗)

 

5位 E・ストリックランド

(2勝3敗)

 

6位 D・アプルトン

(1勝4敗)

 

アプルトンがこういう成績になるのも

珍しいですね。

 

このMake It Happenシリーズは、

 

米ビリヤード映像制作会社の

「Accu Stats」(アキュスタッツ)が

企画運営しているイベントです。

 

今回は10ボールですが、

昨年は8ボールで行われました。

 

Accu Statsは年イチぐらいで

こういう自社仕切りのイベントを行い、

試合映像を撮り溜めて編集し、

 

後日DVDで販売するということをやります

(最近は有料ストリーミングも

やっているようです)。

 

……となると、さすがに

youtubeなどには出てきません。

 

今回もメンツがかなり魅力的なので、

DVDが販売されたら心揺れそうな気がします。

 

そして。

 

2016年、アメリカでのポケットの

ビッグイベントのオープニングは、

 

例年通り、

『ダービー・シティ・クラシック』です。

1月22日スタート予定。

 

…………

 

 

さて、エジプトでは、

 

今年最後の

『スリークッションワールドカップ』の、

「ハルガダ戦」が行われました。

 

ファイナルは、

F・クードロン vs M・ザネッティという

トップ選手同士の対決となり、

 

クードロンの当たりが止まらず、

11キュー・40-13で勝利。

 

今年、チーム戦の『国別対抗』や

個人戦の『スーパーカップ』では

勝っていますが、

 

ワールドカップでは1年半以上

タイトルから遠ざかっていた

クードロンにとって、

喉から手が出るほど欲しかった

勝利だったことでしょう。

 

また、

本大会で3位に入ったD・サンチェスが、

 

2015ワールドカップ全6戦の

シリーズチャンピオンになっています。

 

2016年のスリークッションの世界戦は

2月初旬の『ワールドカップ・トルコ戦』から

始まります。

 

いや〜、1年がほんとに早い……。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

「さあ、始めよう、ビリヤード!!」。有田ビリヤードスクール

 

羅立文の連覇で閉幕。至高のナインボール。FLEXSCHE CUP 2015

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事