2015年

12月

21日

〈BD〉内垣建一プロのキューケースコレクション

Cue cases of Kenichi Uchigaki
Cue cases of Kenichi Uchigaki

 

先日、内垣建一プロ(JPBA)の

取材(USオープンの談話)をした際、

 

ご本人に見せていただいたのが、

このキューケースのラインナップ。

 

もちろん全て内垣プロ本人のものです。

 

いわゆる"アメリカンハードケース"

(※右端は除く)で、

トラッドでオーセンティックな

デザインのものが揃ってます。

 

ケース好きな方であれば、

メーカーなどは見ればわかるでしょう。

 

一つ一つ、簡単にご説明を。

 

 

左端から:

 

1 TAD(タッド) 2B4S

「TADケースの最初のプロトタイプ的作品

で、"J. Flower"社製です。

 

これは(親交あるアメリカベテラントップ選手の)

E・ドミンゲスからいただきました」

(内垣プロ。以下同)

 

2 TAD 1B2S

 

3 TAD 2B4S

「北海道の濱田卓也プロ(JPBA)が

譲ってくれたものです」

 

4 Justis(ジャスティス) 2B4S

「15年ぐらい前のもの。オールドスクールというか

クラシックなデザインですね」

 

5 Justis 2B4S(地は薄いグリーン)

 

6 Justis 2B4S

「手触りの良いホワイトイタリアンレザーを

使って作られているモデル。一番気に入ってます」

 

7 Justis 2B4S

「こちらは比較的新しいもので、やや軽めです。

最近はこれを一番使っているかな」

 

8 It's George(イッツ・ジョージ) 2B4S

UK Corporationの大原さんからいただきました。

のっぺりとしたデザインが好みです。

気密性もあるので湿気の多い時に役立ちます」

 

9 S-LINE(エス・ライン) 3B5S

「栗原信祐プロ(JPBA)が監修したケース。

軽いし、バットが3本入るし、

これも比較的良く使いますね」

 

…………

 

このケースラインナップに共通するのは、

 

落ち着いた色彩と、

控えめだけど気の利いたデザインです。

 

「僕が好きなケースは、

良質な革を使い、その風合いが感じられて、

全体的にはごちゃついていない

シンプルなものです。

 

そういうものだと洋服とも合いますしね。

僕はキーホルダーとかも付けません」

(内垣)

 

内垣プロと言えば、

レザーケースからTADキューを取り出して

組み立てて……という姿が、

ありありと想像できます。

 

それもこれも、

ご本人が信条を持って、

一貫したもの選びをしているから。

 

プロプレイヤーが、

「道具はなんでも良い」ではなく、

こだわりと愛情を持って所有し、

使っている姿はすごくカッコイイですね。

 

ミュージシャンと楽器の関係に

酷似していると思います。

 

内垣プロ、愛ケースを見せていただき

ありがとうございました

(いずれまた、一つ一つ撮らせてください〜)。

 

2015 USオープンにて
2015 USオープンにて

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

「さあ、始めよう、ビリヤード!!」。有田ビリヤードスクール

 

羅立文の連覇で閉幕。至高のナインボール。FLEXSCHE CUP 2015

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

  

<<<前の記事