2015年

12月

18日

〈BD〉キューバランスが前後に偏りにくい!? アダムのシャフトバランサー&エクステンション

Kenji Nagaya with Adam Japan Shaft SB EX.
Kenji Nagaya with Adam Japan Shaft SB EX.

 

これはなかなかの

アイディア商品ではないでしょうか。

 

つい先日、アダムジャパンから

発売開始になった

『シャフトSB・EX』のことです。

 

…………

 

遠くて届かない手球を撞く時、

レスト(メカニカルブリッジ)を

使うのではなく、

 

キューのバットエンド(キュー尻)に、

 

ネジ込み式、あるいは

カポッとはめ込むタイプの

「エクステンション」(延伸器具)を

付けて撞く人が、

この10年でかなり増えました。

 

(※スヌーカーの世界では

昔から多用されている道具です)

 

アダムからも

『EX-3』という商品が出ています。↓

 

EX-3
EX-3

 

エクステンションを

キューのお尻に装着するということは、

どうしても重心が後ろに偏ります

(後ろバランス)。

 

そのため、ストロークや

撞点(を正確に捉えること)が

不安定になる危険性もあります。

 

ですが、

新しい『シャフトSB・EX』は

シャフトとバットの間に

組み込むタイプのものなので、

 

理屈の上では、お尻に装着するものよりは

バランスの偏りが少なくなります。

 

こちらの方が、

従来型のエクステンションより

違和感なくキューが振れると

感じる人が多いと思います。

 

いや、違和感の大小以前に、

付けていることを忘れるぐらいじゃないと、

いけないのかもしれません。

 

「シャフトとバットの間に組み込む」

というコンセプトである以上、

 

頻繁に着脱はせず、

「付けっぱなし」で使う人が多いはずなので。

 

今年の『ジャパンオープン』では、

福田豊選手がこれを付けっぱなしにして

撞いていましたね。↓

 

 

単純に、背の高い人やリーチの長い人、

もともと短いキューを使っている人などが、

「キューを長くしたい」と思った時にも

使えるアイテムでしょう。

 

この『シャフトSB・EX』、

 

全長は65mmで、

ジョイントは3/8-10山フラット。

 

カラーはメイプルとパープルの

2種あります。

 

あるプロ曰く、

 

「ナインボールでの9番や

テンボールでの10番が、

ラックを組んだ時のままの所に

あるとして。

 

その9番や10番は、

『上』(センター寄り)から

撞くのがセオリーってよく言いますよね。

 

でも、その辺りのエリアって

利き腕によっては、

『微妙にちょっとだけ届かない』ってことが

ある場所なんですよ。

 

でも、メカニカルブリッジや

お尻に付けるエクステンションは

あまり使いたくない。

 

特にそんな場面では、

この『シャフトSB・EX』が

一番使いやすいですね。

 

長過ぎることもなく

キューバランスも変わりにくいので」

 

なるほど。

 

あとは、

シャフトとバットの間、

つまり、上下のジョイントパーツの間に

これを組み込むことで、

 

打感、サウンド、性能はどう変わるのか。

あるいは変わらないのか。

リサーチを続けたいと思います。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

「さあ、始めよう、ビリヤード!!」。有田ビリヤードスクール

 

羅立文の連覇で閉幕。至高のナインボール。FLEXSCHE CUP 2015

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事