2015年

12月

02日

〈BD〉クイーンズスクエア横浜へ! フレクシェカップ2015東京最終予選通過6名のコメント・後編


先週末の

『フレクシェカップ2015東京最終予選』

勝ち抜き、見事に本戦出場権を獲得した6名。


今回はアマ3名のコメントをお届けします。


(※プロ3名のコメントはこちら


※主催のJBプロモーションズの公式サイトは

こちらから。


…………



入れ出したら止まらない。

スピーディーで迫力あるプレーが持ち味の

小笠原晋吾選手。


キングドーム所属の31歳。

球歴は15年とのこと。


『ナインボールクラシック』での

優勝歴があります。


話を聞いたら、BDの

大学の後輩であることがわかりました。


現在は一般企業にお勤めです。


小笠原晋吾談:


「ラッキーでした。


調子は良くて球は入っていましたが、

ツキに恵まれたと思います。


フレクシェカップは

以前から出たいと思っていましたが、

仕事のスケジュールなどが上手く合わず。


今回はなんとかなったので

参戦を決めました。


本戦はああいう素晴らしい会場で

行われるので、

恥ずかしくないような球を撞きたいですね。


なんとか1点ぐらいは取りたいです(笑)」


…………



関西を拠点に活躍していた元プロの

望月雅文選手。


1年ほど前に関東に移り、


まさに今日(12/2)、

JPBAプロテストを受け、


再度プロ活動を始めようとしています。


土日が休みの仕事をされているため、

週末のトーナメントに出られそうだということで

プロ入りを決めたとのこと。


その実績や巧みさは、

以前から多くの人が知るところですね。


望月雅文談:


「嬉しいです。


一生懸命撞けたから、権利が取れた。

それだけですね。


特設会場(クイーンズスクエア横浜)は

行ったことがありませんが、

そういう開かれた場所での大会、

良いですね。


精一杯頑張ります」


…………



最後は「神奈川の怪獣」幸真司選手。


今年の『北海道オープン』で9位タイ。


その時も特設会場でプレーし、

ベストアマになっています

(その時のミニ談話はこちらの下の方に)。


幸真司談:


「『甘い球は撞けない』。

そう思って、

気合いを入れて撞くことができました。


前回大会の話を人から聞いて、

『これは絶対出たい!』と

思っていました。


たぶんエントリーは誰よりも

早かったんじゃないでしょうか。


パソコンの前に張り付いて、

12時02分とかに

申し込み完了しましたから(笑)。


やっぱりあの場所で撞けるって

楽しみでしかたないですよ。


特設って、ホント好き。


一つ一つきっちり撞いて、

1試合でも多くできたらと思ってます。


もうね、

緊張しながら撞くのが大好きなんで、

今からワクワクしてます(笑)」


…………


本戦24名中、

アマチュアは上記3名と

丸岡良輔選手を含めて4名。↓下表参照。


まだ本戦の組み合わせは出ていませんが、

アマ選手たちがどんなプレーを

見せてくれるかにも注目です。


 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

至高のナインボール in クイーンズスクエア横浜。FLEXSCHE CUP 2015

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

<<<前の記事