2015年

10月

31日

〈BD〉台湾勢初! 27歳の鄭喻軒(チェン・ユーシャン)がUS OPEN制す! 鄭のプロフィールは?

2015 US Open Winner : Cheng Yu Hsuan
2015 US Open Winner : Cheng Yu Hsuan
Runner-up : Karl Boyes
Runner-up : Karl Boyes
3rd prize : Liu Haitao
3rd prize : Liu Haitao
4th prize :  Ralf Souquet
4th prize : Ralf Souquet


つい先程、今年の

『US OPEN』(ナインボール)が閉幕しました。


優勝:鄭軒(チェン・ユーシャン。Cheng Yu Hsuan。台湾)

2位:カール・ボイズ(Karl Boyes。イギリス)

3位:劉海濤(リュウ・ハイタオ。Liu Haito。中国)

4位:ラルフ・スーケー(Ralf Souquet。ドイツ)


128名参加・バージニア州ノーフォーク開催。


…………


負けなしで勝者側を登ってきた、

軒(チェン・ユーシャン)と

ボイズによる「勝者最終戦」は、


鄭が6発のマスワリでボイズを圧倒し、

決勝戦に進みます。


勝者最終:鄭 11-4 ボイズ


…………


鄭に敗れたボイズは、敗者側に回り、


R・スーケーを倒して上がってきた

劉海濤と敗者最終マッチを戦います。


ここでボイズは、

4-9ビハインドを覆す大逆転勝利。


敗者最終:ボイズ 11-9 劉


…………


こうして、

決勝戦は鄭とボイズの再戦に。


序盤から先行したのは鄭。

ボイズも中盤で差を縮めましたが、

終盤で鄭が再び突き放し、

無敗のまま優勝を飾りました。


決勝戦:鄭 13-6 ボイズ


…………


2014 All Japan
2014 All Japan


約40年のUS OPENの歴史で

台湾人選手の優勝は初。


過去の世界チャンピオンの趙豊邦、張榮麟、

柯乗逸らも成し遂げていない快挙です。

鄭が歴史を作りました。


鄭は1988年2月5日、

台湾・高雄生まれの27歳。


『全日本選手権』にも近年度々出ています。


国際的には今年に入るまで

目立った戦績はありませんでしたが、


先の『中国国際オープン第3戦』(10月)で

自身初の国際タイトルを獲得しています。


それ以前となると2013年

『チャイナオープン』の5位が最高だったようです。


ちなみに、

中国国際オープン第3戦では、

鄭は決勝であの呉珈慶を破っていますが、


ほぼ同世代の鄭と呉は

小さい頃から親交があり、

よく一緒にプレーしていたものの、

当時、鄭は呉に

「全く勝った記憶がない」そうです。


(以上ここまで、

Taiwanese Passion for Pool

を参考にしました)


鄭は英語が堪能で、

9月の『世界選手権』でも

積極的に各国の選手と

コミュニケーションを取る姿が目に入りました。


今回のUS OPENでも

英語力がいくらかはプレッシャーを和らげ、

実力発揮の助けとなったのかもしれません。


…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP


10/24(土)開催。アーティスティックビリヤードジャパン2015


プロ使用キュー&アイテムも多数取り扱い中。SHOP FLANNEL

 

ビリヤードOK、ダーツOK、パーティーOK! RALLY淵野辺店


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



<<<前の記事