2015年

8月

05日

〈BD〉あれっ? なにかが……。


2人のトッププロによる

バンキングの光景。


しかし、この違和感の正体は……。


わかりますか?


あと2枚お見せします。↓



正解は、「2人とも逆手」。

 

普通にスッと構えて撞いてました。

共にBクラスの上はあると思われます。


こんなフォームの人、

実際にいそうですよね。


これはある取材でのオフショットです。


…………


『CUE'S』誌の9月号が、

昨日(8/4)発売になりました。


毎号、BDは、赤狩山幸男プロの連載、

『しっとり10ボールランアウト』の

取材・制作をやらせてもらっています。


今号に載っている『しっとり』は、

レギュラー回なのですが、


そこで予告している通り、

次の号がなんと「5周年スペシャル」です。


10月3日発売の11月号をお待ちください。


実はそちらの取材ももう済んでいまして……、


記念回らしく、

ゲストプロが登場してくださっています。


誌面では個人名は出してないものの、

丸わかりな書き方をしています。


2006年アジア大会(ドーハ)の

エイトボール金メダリスト。

あの「ダイナマイトレフティー」……


そう、お気付きの通り、川端聡プロです。


赤狩山プロと川端プロが、

ひとつの同じ配置に挑んでいます。


取り切り方は異なるのか?

川端プロは"しっとり"してるのか?

左利き・右利きで取り方に違いは出る?

そもそもプレースタイルの違いとは?


……などなど、プレーするだけでなく、

対談もしています。


両プロは、2006年アジア大会の

日本ビリヤード男子代表でもあります。


当時のエピソードも

いくつか聞き出していますので、

2ヶ月先ではありますがお楽しみに。


CBNTでは両プロのプレー動画だけでなく、

対談動画も流れると思います。


取材時のこぼれ話も色々あるので、

追ってまたお届けしたいと思います。

 

両プロの、左右逆ではない

本当のフォーム写真は……

ま、BDにもよく載るし、いいですか。


なんで逆手で写真撮ることになったのか

すっかり忘れてるのですが……

(たぶん、その場のノリだったと思います。

言い出しっぺはカーリーだったかな)、


『全日本"逆手"選手権』って、

あったら観たいかも。


…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO


プロ使用キュー&アイテムも多数取り扱い中。SHOP FLANNEL


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ




<<<前の記事