2015年

7月

12日

〈BD〉林親子の"三崎ベース"――プレイヤー垂涎の撞球環境


梅雨の長雨が途切れたある日、

神奈川県の三浦半島の先端の方に行きました。


都心からだと電車と車で約2時間です。


…………



田畑の先に東京湾を望む。


三浦半島は、

「三崎のマグロ」に代表される海産物や、

大根を始めとした農作物が有名。


神奈川県育ちの男子であれば、

免許取りたての頃に

ぐるっと一周三浦半島ドライブを

したことがあるはずだ(それはBDです)。


そして、CUE'S誌在籍時代に、

土方隼斗プロと西嶋大策プロと、

『隼斗STYLE』の取材で

三浦半島に来たのは良い思い出。


…………



三崎口駅から車で約10分。


小高い丘の上の住宅街に目的の家を発見。


……むむ?


白い母屋の脇にブルーグレイの離れが……。


…………



離れの中を丸窓から覗いてみると……


キューを振って歓迎してくれている

少年を発見。


…………



ガチャ。お邪魔します。


うぉ、す、すごいぞ、ここ。


約26畳のスペースに

ビリヤードテーブル1台が

ゆったりと置かれ、


傍らにはギャラリースペースがあり、


そこにはコーチとして、

少年の父親らしき人物の姿も。


ここは、ほぼ手作りの

「専用ビリヤード場」なのです。


そして、

熱心に練習しているこの少年こそ……。


…………



現在14歳。

中3でAクラスのビリヤード選手、

林武志くん。


BDにも度々写真が出ていますし、


情報番組などTVにも5回ほど

「ビリヤードスーパーキッズ」として

出たことがあるのでご存知の方もいるでしょう。



↑ つい先日(7/5)、

『全関東学生9ボール選手権』で

優勝しました。


今回BDは、試合会場以外で初めて

武志くんの取材をさせてもらいました。


話は母屋でしましょう、ということになり……。


…………



玄関で人型パネルの歓待を受けました。


お父さんが現役の自衛官なので、

こんなパネルになっています。


…………



驚いたのは、母屋の1Fには

四ツ球テーブル(キャロム中台)があり、


ビリヤード雑誌、映像ソフト、

記念写真、サイン色紙、

ビリヤードグッズなどにあふれていたこと。


お父さんの趣味であるサーフィンの雑誌や、

親子共通のたしなみであるウクレレや

その教則本などもたくさんありました。


そう、ここは"林親子の三崎ベース"。


…………



壁には「撞球道精神」なる

9箇条のスローガンが。


この後、さらに2つ、追加されたそう。


全11条をさらりと諳んじる武志くん。


しかし、練習風景を見てても思いましたが、

そこに全く「やらされてる感」なし。


お父さんが自衛官なだけに

スパルタ教育なのかと疑う人もあるでしょうが、

まあ、かくいうBDがそうだったのですが、


その先入観は簡単に打ち砕かれました。


林親子は、

兄弟のような友達のような仲間のような……

目線の高さが近い親子だと思いました。


…………



部屋には膨大なプロ達の

サイン色紙群があったのですが、


林親子の共通の憧れの人だという

奥村健プロのサインと、


武志くんが6歳の時に

初めて会ったビリヤードのプロ、

長矢賢治プロのサインは、


ちょっぴり特別な形で掲示

(右側の2枚)。


BDは武志くんの「好きなプレイヤー」が

奥村プロだということを知らなかったため、


この1週間の間に、奥村健、林武志という

歳の差「半世紀」の2人のタケシを


立て続けに取材していたという

この巡り合わせに驚きました。


…………



急遽、武志くんと四ツ球勝負。


負け。


悔しいからナインボールでも勝負。


負け。


…………



林親子にウクレレが聞きたいですと

リクエスト。


「じゃ、外で弾きましょう」

とのことで車で5分ほど移動。


その途上、街なかで横断幕を発見。


今月末の

『アジア選手権・ジュニアの部』(台湾)に

出る武志くんを激励するもので、

役所が掲示しているのだとか。


…………



三浦半島のサンセットに溶けていく

ツインウクレレの調べにうっとり……。


…………



家に戻ったBDを待っていたのは

マグロ、タコ、トマト、メロンなど、

三浦半島産の新鮮素材を使った料理。


こ、ここは竜宮城じゃないのか……。


ちなみに、武志くんは刺身がダメ。


三崎のマグロが食べられないなんて……!!


ということで、BD、ガッチリ頂きました。


…………


人が羨むような林家のビリヤードデイズ。


武志くんは


「恵まれた環境だということはわかっています。

そこに甘えることなく気を引き締めて練習をして、

大きなタイトルを獲ります」


と語ります。


近日、武志くんのインタビューや

林家のビリヤードルームの紹介記事を

お届けする予定です。お楽しみに。


武志くんとお父さん、

ありがとうございました。


…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO


プロ使用キュー&アイテムも多数取り扱い中。SHOP FLANNEL


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



<<<前の記事