2015年

6月

23日

〈BD〉「今の自分を出し切った感はあります」――関東オープン優勝・曽根恭子の談話

曽根恭子(Kyoko Sone)
曽根恭子(Kyoko Sone)


日曜日の

『関東レディースオープン』で優勝した

曽根恭子プロの談話をお届けします。


「最近勝てなくて弱気になっていた」

という"そねキョン"こと曽根プロ。


約2年3ヶ月ぶりの優勝は

自らのお店の開店1周年を祝うような

メモリアルなものとなりました。


長年日本のトッププロとして活躍し、

今年4月の『アムウェイカップ』でも

自力でステージ1突破を決めるなど

地力の高さを見せていましたが、


前回の優勝からは

意外と期間が空いていたのです。


BDとしても、

曽根プロの優勝談話は初めてです。


…………


Kyoko Sone

1969年12月18日生

東京都出身・在住

1998年『ジャパンオープン』優勝

2000年『世界選手権』3位

2003年・2013年『関西オープン』優勝

1997年『北陸オープン』優勝

1993年・2010年『オータムクイーンズオープン』優勝

2001年『全日本女子ナインボールオープン』優勝

2001年『九州レディースオープン』優勝

他、優勝・入賞多数

使用キューはADAM JAPAN

東京・吉祥寺『Egg way』オーナープロ



――おめでとうございます。今のお気持ちを。


「めちゃくちゃ嬉しいです!

そして、疲れたー(笑)。


予選の1回戦負けからのスタートだったので、

ここまで来られるとは

正直思ってなかったです」


――決勝日のプレー内容を振り返ると?


「良くも悪くも思った通りに撞けましたね。


思った通りに良く撞けたところもあれば、

思ったところでミスも出ていました。


今の私の全部の力を出し切ったという

実感はありますよ。


もう年齢も年齢ですし、

疲れも出やすいですが(笑)、


最近はそういった部分にちゃんと向き合って、

考えて、試合に臨んでいるんです。


今回はそういうところも含めて

出し切った感はあります」


――ファイナルはブレイクが

イリーガルになったりしていました。

あれはやはり「疲れ」ですか。


「ありましたねー、イリーガル(笑)。


そう、疲れが出ましたね。


もともとブレイクは得意じゃないんですけど、

それでも最近は安定してきた……と思ってたら、


やっぱり疲れもあっておかしくなっちゃいました。


また練習しておきます」


――ファイナルのプレー中は

どんな心理状況だったのでしょう?


「河原プロが相手だし、

何も考えずに向かって行っただけです。


なんかこう、海外で試合をしているような

イメージで撞けました。

例えば『アムウェイカップ』の予選とか。

そういうテンションでいけました」


――強いて言うなら、

チャレンジャーの気持ちで?


「そうですね。余計なことは考えずに

向かって行けたのが良かったです。


ただ、リードした時にやっぱり

自分の弱いところが出てくるものですね。

それも自覚できていました。


それも含めて今の自分なんですが、

切れたり投げ出したりということは全くなく、

精神的には安定して撞けました。


もともとヒルヒルになるだろうな

ぐらいの覚悟はありましたから。


だから、ツイてたなって思います。

河原プロ相手であれだけ回ってくる

ということはなかなかないですし、

私も最後の方、ミスがあったので」


――最後の7番のサイドバンク、

入れも手球の出しも見事に決まりましたね。


「最後の配置は

絶対に取り切って勝ちたかったし、


6番から7番で出しミスで

あの形にしちゃったんですけど、


今までの海外経験から言っても

あの7番で守っているようでは

ダメだと思いましたね。


なんて言うんだろう……

あの7番のサイドバンクは、


開き直っての選択じゃなくて、

自然にあれを選んで

攻められたんで良かったです。


あの時は、

バンクの成功イメージしか頭になくて、

他は何も考えてなかった。

『もし外したら』とか、全然なかったです」


――お店(Egg way)が

この6月でちょうど開店1周年。

記念すべき優勝になりましたね。


「そうなんですよー!(笑)


そして父の日でもありますし、

本当に嬉しい優勝になりました。


ファイナルの前に小野田のり子プロ

(Egg way所属)から、


『みんな見てるから頑張ってね』

というLINEが来て、

だいぶ気合いが入りました(笑)。


お客さんもみんな応援してくれたみたいで、

本当に嬉しく思っています」


――そういったお客さんやファンへの

メッセージを最後にどうぞ。


「まだまだ頑張りますので、

みなさん引き続き応援よろしくお願いします。


……正直言えば最近、


『私はもう優勝できないのかな』って

思っていたんです。


引退も考えたし、とても弱気でした。

勝てないとやっぱり辛いものです。


でも、今回の優勝でまた

あと1年ぐらいはトーナメント活動を

続けられるんじゃないかなって思います(笑)」


…………


曽根プロの次の試合は

7月の『ジャパンオープン』。


今月末の『チャイナオープン』は

「今回は行かないことにした」そうですが、

「できる限り海外戦には出たいと思っています」

とのことです。


…………


曽根プロが優勝した翌日、

『Egg way』にお伺いしたところ、


祝勝会があった訳ではないのですが、

お客さんやスタッフさんも多くいらして、

ケーキも用意され、

祝勝会風な絵が撮れましたのでお届けします。


改めて、おめでとうございます。



…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO

 

プロ使用キュー&アイテムも多数取り扱い中。SHOP FLANNEL

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

 

<<<前の記事