2015年

6月

07日

〈BD〉MEZZの2月発売モデル『CP-13SW』を買ってみた


デザインに一目惚れして……


買ってしまいました、


MEZZの『CP-13SW』シリーズの1本、

「T」(チューリップウッド)を。



シンプルで引き締まったルックス……

コストパフォーマンスが高そうな気配、

感じていただけますか?


このCP-13SWシリーズは今年2月発売で、

デザインは5タイプ。



※MEZZ公式ページはこちら

 

発売日に買っていたのですが、

ここまで紹介が遅れたのは、

…………球を撞いていなかったから(汗)。


情けない私的事情はともかく、

各部を見ていきましょう。


…………



惚れたのは、やっぱり

このチューリップウッドの色味。


コンポジットウッド(複合木材)をベースに、

チューリップウッドの子持ち6剣インレイハギ。


橙色が鮮やかで、存在感ありますよね。


…………



このインレイハギ、

先までよく尖っていて、

高さもきっちり揃ってます。


MIKI(株式会社三木)の工作精度は

やっぱり極めて高いです。


…………



裾の部分の切り返しが特徴的な

このスリーブのデザインもいいですね。

細いリングが効いています。


グリップはリネン(糸)です。


…………



シャフトは「WX700」を標準装備。


5万円クラスのキューに、

評判の高いMEZZオリジナル・

ハイテクシャフトが初めから付いている。


それだけでも食指がピクリと動きます。


…………



タップは「Kamuiオリジナル」のS。

先角は「NX」。


…………



ジョイントはMIKIオリジナルの

「ウェイビー」。


両の手に確かな手応えを残しながら、

「にゅ~」っと締まっていくあの感じ、

好きです。


…………


まだ1回しか撞いていないのですが、


感想を言うならば、

「非常に扱いやすいキュー」。


誰もがすぐ使えるキューだと思います。


コンポジットウッドのバットというところから、

扱いに困るぐらいのガツンと来るパワーを

勝手に想像していましたが、


そんなことはなく、パワーは必要十分で、

むしろ思った以上に打感が繊細に手に届きます。


WX700シャフトは、

ほどよくノーマルシャフトの感触を残しながら、


しかし、ヒネッた時にはきっちり

仕事をしてくれて、横トビ(見越し)が

想像以上に低減されていました。


どーんと手球が前に行き過ぎることもなく、

自然なキレがあり、手球をコントロールしやすい。


ウェイビージョイントの高い結合感もあるのでしょう、

全体的にソリッドでしっかりしていますが、

打感が硬い訳ではありません

(それはタップの特性もあると思います)。


たった1回撞いただけでは

深く突っ込んだことは言えず、

言ったところでBDの主観にすぎないのですが、


ハウスキューから来た人も、

他メーカーから来た人も、


これから技術を習得しようという人も、

数年、数十年ぶりにカムバックする人も、


「はい!」と渡されて

すぐ違和感なく使えるであろう、

そんなハイレベル・スタンダードな

1本ではないでしょうか。


知人に

「一瞬、EXCEEDかと思ったよ」

とデザインを褒められた時は、

鼻もハイレベルになりましたが……。


なかなか2回目の試打に行けないBDは、

とりあえずジョイントを繋ぎ、

シャフトをスリスリしながら

これを書いております。


…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



<<<前の記事