2015年

3月

30日

〈BD〉「のらりくらりできたと言えばいいかな」――GPW-1優勝・北谷好宏の談話

北谷好宏(Yoshihiro Kitatani)
北谷好宏(Yoshihiro Kitatani)


昨日の『グランプリウエスト第1戦』

(GPW-1)で優勝した


北谷好宏プロの談話をお届けします。


北谷プロは2013年の『北陸オープン』以来の優勝。


グランプリウエストでは、

2007年の第5戦(徳島開催)以来、

8年ぶりの優勝でした。


※写真提供:On the hill !


…………


Yoshihiro Kitatani

1975年12月19日生

JPBA34期生 福岡県在住

2003年東海グランプリ優勝

2013年北陸オープン優勝、

2015年GPW-1優勝、他、優勝・入賞多数


 

――今のお気持ちを。


「嬉しいです。

『勝てたなあ』という気持ちです」


――ファイナルは7-0のストレート勝ちでした。


「ファイナルはまあまあ良く撞けたと思います。

空クッションも決まってたし。


やっぱり展開的には

第3ゲームでの吉岡プロの10番ミスが

大きかったですね。


2-1になるところが、

僕の3-0になりましたから、

あれですごく楽になりました」


――1日を通して自分の球は撞けましたか?


「ボチボチ撞けた思います。


絶好調ではなかったけど、良い方ではありましたね。

朝から悪くはなかったんで、

『よし、頑張れるな』とは思ってました。


もちろん、楽に勝てた訳ではないですよ。


予選最終(8-6 vs稲川雄一)と

ベスト16(7-6 vs鎌田充昭)は競りました。


特にベスト16はほぼ負けてましたね。

一番危ない試合でした。


ただ、一日を通して、

『ここ、取られたら嫌だなぁ』という時に、

(相手のミスなどで)こっちに回って来たんでね。


そういう流れに乗って、

そのまま最後まで行った感はありますね。


だから、

『のらりくらりできた』と言えばいいかなぁ。


当然、勝ちたいと思って試合に臨んでるんですけど、

 

今回はメチャメチャ調子が良い訳じゃなくて、

でも、のらりくらりとできて勝てた。

それが一番嬉しいかな」


――優勝は2013年の『北陸オープン』以来。

GPWでの優勝となると2007年以来8年ぶりです。


「北陸オープンの優勝も嬉しかったですけど、

このGPWの優勝はもうちょっと嬉しいですね。


8年ぶりというのもありますし、


僕は去年、GPWの第3戦から第5戦まで、

3つお休みしていたので、

GPWに出るのが約1年ぶりでしたから」


――今年はプロ公式戦に

フル参戦できそうでしょうか?


「はい、今年は全部出るつもりです」


――6月には

『ハウステンボス九州オープン』もありますね。


「そうですね。

九州開催の大きな試合なんで頑張りたいです。


今年ここまでは、

調子は良くないなりに練習はできていて、

ちょっとずつ状態も上がってきているので、

このままやっていきたいですね」


…………


6月の『ハウステンボス九州オープン』


北谷プロ兄弟(北谷好宏・北谷英貴)は

テーブルを設置するところから始まります。


「確かに手と腕に来る仕事なんですが、

逆に本番では良い感じに脱力できるかもしれない(笑)」

 

と笑う北谷プロ。


もちろん、北谷プロ兄弟は

地元・九州勢の優勝候補です。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少ビリヤード用品、オリジナル用品取り扱い。K’sLink


羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



 

<<<前の記事