2015年

2月

21日

〈BD〉テンボール世界選手権は柯乗逸が初優勝!

柯乗逸(カー・ピンイー。台湾) ※写真は昨年の全日本選手権時
柯乗逸(カー・ピンイー。台湾) ※写真は昨年の全日本選手権時
カルロ・ビアド(フィリピン) ※写真は昨年の全日本選手権時
カルロ・ビアド(フィリピン) ※写真は昨年の全日本選手権時

 

フィリピンで先程まで行われていた

『テンボール世界選手権』が決着しました。

 

台湾のエース、

柯乗逸(カー・ピンイー)が、

 

ファイナルで11-9でフィリピンの

カルロ・ビアドを倒して、大会初優勝。

 

大アウェーの環境の中で、

初めて「世界チャンピオン」の称号を

手にしました。

 

終盤ビアドの猛反撃に遭い

10-9まで迫られましたが、

なんとかしのぎきりました。

 

10代の頃から国際舞台で多くの実績を残し、

日本でも『全日本選手権』2勝を挙げるなど、

 

国内ファンにもお馴染みの「カーくん」

(1989年5月31日生まれの25歳)。

 

プール強国台湾のトップ選手として、

早くから「世界一」が期待されていた存在でした。

 

ベスト8の顔ぶれから考えると、

「順当な」結果だったと言えるでしょうか。

 

さて。

 

本大会は2011年以来4年ぶりに開催され、

今回が4回目でした。

 

過去3回は以下の様な結果です。

 

2008年

D・アプルトン優勝/呉珈慶(ウー・ジャーチン)準V

 

2009年

M・イモネン優勝/L・V・コルテッザ準V

 

2011年

H・シー優勝/傅劍波(フー・チェンポー)準V

 

日本勢の最高成績は、

2011年の赤狩山幸男の3位タイです。

 

4年ぶりに開催された今大会は、

 

フィリピンが生んだボクシングの

スーパースター、

 

マニー・パッキャオのプロデュースで、

彼の地元・ジェネラルサントスで行われました

(※本業の方で、F・メイウェザーとの

世紀の一戦、遂に確定しましたね)。

 

聞くところによると、

現地唯一の大型ショッピングモールの中で

行っていたのだとか。

 

今回は日本勢(JPBA勢)は出ていません。

 

イスラム国に端を発する国際情勢や

ミンダナオ島の治安などを鑑みて、

JPBAが選手派遣を取りやめた格好です。

 

……ということで、現地の雰囲気や状況などが

ほとんど耳に入ってきていません。

 

現地の映像などを見る限り、

これまでパッキャオが主催および協力してきた

ダブルスイベントなどと似た匂いを感じましたが、

実際のところはどうだったのでしょうか。

 

何か情報が入り次第お伝えします。

 

まずは、柯乗逸、初Vおめでとうございます。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED


創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN


ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少ビリヤード用品、オリジナル用品取り扱い。K’sLink


羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO

 

…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ



<<<前の記事