2015年

2月

19日

〈BD〉マスワリメモリー。青木亮二プロ編(前編)

青木亮二(Ryoji Aoki)
青木亮二(Ryoji Aoki)


ナインボールやテンボールや

エイトボールで、


ブレイクからノーミスで全ボール

取り切ることを「マスワリ」

(英語ではBreak and run-out)と言う


……というのは、ビリヤード好きな方は

ご存知だと思います。


自分で達成した初マスワリの

ドキドキ感と喜びを今も覚えている、

という人もいるでしょう。


もちろんプロレベルになると、

試合でマスワリが出るのは「当たり前」なので、

いちいち回数は数えていないのですが、


改めて尋ねてみると色々とメモリアルな

マスワリが出てくるものです。


(※ナインボールの国内プロ公式戦での

最高記録は「8連発」。

西尾祐プロと土方隼斗プロが達成しています)


……ということで、唐突ですが、


宇和島のライオン・青木亮二プロ(JPBA)に、

マスワリメモリーを聞いてみました。


なぜ青木プロなのか。


実を言えば、


先日、BDが、

ナインボール世界チャンピオン、

赤狩山幸男プロに、


CUE'S誌の連載ページの取材で

マスワリのことを聞いた時に、


「僕がいつどこで何連発出したことがあるか

ですか? よく覚えてないなぁ。


詳しくは青木プロに確認してください。


たぶん、一時期、日本一僕のマスワリを

受け止めてくれた男なので(笑)」


というやり取りがあったから

(※CUE'S誌2015年3月号に掲載)。


実際、青木プロからは、


赤狩山プロにたくさんマスワリを

喰らった話だけでなく、


興味深いエピソードが

たくさん出てきましたので、

今日と明日に分けてお届けします。


Ryoji Aoki

1977年3月4日生

香川県出身・愛媛県在住

JPBA32期生

LION BLEU所属

(愛媛県宇和島市天神町3-12 3F

TEL.0895-65-9876)


2011年全日本ローテーション優勝

2011年エイトボールオープン優勝

2008年ジャパンオープン準優勝、

他、優勝・入賞多数


青木亮二プロの……


●ナインボールマスワリ連発数

練習「8」 試合「7」


●テンボールマスワリ連発数

練習「4」 試合「たぶん3」


●エイトボールマスワリ連発数

練習「わからない」 試合「3」


…………


――青木プロ、そういう訳です。

よろしくお願いします。


「どうも、世界一、赤狩山幸男に

マスワリを喰らった男です(笑)。


読みましたよー、CUE'Sでの

カーリーのコメントは。


間違いないですね。

2009年頃のカーリーは僕相手に

マスワリばっかりしてくれてましたね(笑)」


赤狩山幸男(Yukio Akagariyama)
赤狩山幸男(Yukio Akagariyama)

 

――そこを詳しく教えてください。


「まず、2009年のジャパンオープンの

ベスト64で、上がり7連発を喰らいました。


(※マスワリ7連発を出して上がったということ)


その翌月に開催された

岡山の『OPBAオープン』ベスト8では

上がり4連発を喰らいました。


で、その年の『GPW』(グランプリウェスト)の

第3戦では、決勝戦で4連発されてます。

その時はカーリーが優勝してます」


――1年でそんなに……。

それは……だいぶクジ運と相性が……(笑)。


「他にもまだカーリーには

喰らってるんですよ。2009年に。


いや、あれは2008年だったかな。


プライベートでもう一人プロを入れて、

3人で『ジャパン』

(※ナインボールの多人数撞きゲーム)

をしたんですけど、


そこでカーリーに9連発を出されました。


その時はもう一人のプロもマスワリを出してて、

途中で『逆順』も挟んだこともあって、


僕、スタートから14マス、

撞き番が来なかったんですよ(笑)」


――もう聞くも涙な話……(笑)。


「でも、カーリーとは2009年以来

試合で当たってないんですよね。

次、当たる時がとても楽しみです」


――青木プロ自身もブレイクが良いし、

マスワリをよく出す方じゃないですか。

最高マスワリ連発数は?


「ナインボールは試合で7連発があります。


2008年の『ジャパンオープン』の

ベスト32(特設会場行きをかけた、

予選日の最終試合)で、


F・ブスタマンテに上がり7連発で勝ちました」


――そうそう、それは覚えてます。

連発モードに入ってた時の精神状態とは?


「いやー、もうノリノリですよね。

相手、スネてるし。


もう遅い時間でしたけど、

会場にはほどよく人がいて

ほどよく拍手がありました(笑)。


変な緊張感はなく、ただ楽しいだけでしたね。


しかし……」


――しかし?


「翌日、決勝戦でD・オルコロに

オープニング7連発されましたけどね(苦笑)」


――それも覚えてます。

連発されてる時の精神状態は?


「前日に自分もやってたことなんでね。


『回って来たら、俺もそのぐらいできるし』

と心の底から思ってましたよ。


結果は届かなかったですけどねぇ……

(2-9で敗戦)」


…………


青木プロのマスワリトーク。続きは明日。

 

↓参考動画:2009年OPBAオープン、

赤狩山幸男vs青木亮二の試合映像が含まれている

『ビリヤード超人列伝』

 


…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

創造性と匠の技が光る伝統の国産キュー。ADAM JAPAN

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少ビリヤード用品、オリジナル用品取り扱い。K’sLink

 

羅立文が教える、横浜のレッスンスタジオ。POOL LABO

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

<<<前の記事