2014年

11月

26日

〈BD〉「ファイナルまで行きたかったなぁ」――全日本選手権・女子の部3位・河原千尋の談話

 

全日本選手権・女子の部で

日本人最高位となる3位に入賞した、


日本のエースプレイヤー、

河原千尋プロの談話を以下にお届けします。

 

JPBA女子の年間ランキング1位も今年で4度目。

そのことについても聞いています。

 

元々、落ち着きのある佇まいと

悠然としたプレーリズム、

雄大なフォーム&ストロークが特徴の

河原プロですが、

 

全日本選手権ではそれらに

さらに磨きがかかった印象でした。

 

それも台湾修行の成果なのかもしれません。

 

敗れてしまった準決勝の劉莎莎戦も、

力負け感は全くなく、力量は互角に写りました。

 

流れが逆であれば……と思ったものです。


…………


Chihiro Kawahara

 

JPBA39期生

2013年ジャパンオープンチャンピオン

JPBA女子年間ランキング1位(4回)

アジアンインドアゲームズ銀メダル2回、銅メダル1回

その他、優勝・入賞多数

 

使用キューはEXCEED & MEZZ

 

 

――選手権が終わりました。


「結果から言ったらまずまずですね。

でも、納得はしてなくて残念ですけどね。

 

男子は大井プロがファイナルを撞いていたし、

大会の盛り上がりを考えても

私もファイナルまで行きたかったなぁ。

 

私は去年初めてファイナルを撞くことができて、

優勝が手の届く所に来たなという

実感があったんで、

 

気合を入れて臨んだつもりですが、

届かなかった。

 

選手権の3位はすごくないことはないけど、

今は3位では物足りないです」


――今大会はよく撞けた方なんでしょうか?


「そうですねぇ。そこそこって感じです。

 

良い時もあれば悪い時もあって。

 

日本で一番大きな大会なんで、

悪い状態に陥りやすいし、

実際そうなってた時もありますが、

それはもうしょうがないことかなと」


――ベスト16で佐原弘子、

ベスト8で小西さみあという

トップアマの挑戦を跳ね除けました。


「やっぱりアマの人には

負けられないという思いもあり、

 

それだからこそ、

正直やりづらいところがないではないです。

 

でも、場慣れしてる分、

私の方が彼女達より有利かなとは思います。

 

あと、今年私は台湾でビリヤード修行を

していましたが、

 

向こうではサイクロップボールを

早くから取り入れていたんで、

ボールに対する慣れもありました」


――準決勝(劉莎莎戦)の敗因とは?


「技術的な差がスコアに出たと思います。

 

自分のブレイクの後の取り出しで、

難しいけど行けないことはないという配置で

2、3回ミスしてしまった。

 

やっぱりあそこを決め切らないと

このぐらいの強い選手相手には

勝てないよなと思いました。

 

でも、試合の後半は、チャンス……

と言っても微妙に難しい配置ですけど、

 

それが回って来た時に私が取れたんで、

そこは頑張れたかなって。

 

以前だったら緊張でやられて

お付き合いのミスをして、そのまま大差で

負けるというのがよくあるパターン。

 

だから今回は喰らいつけたとは思いますが、

ミスの回数と内容が劉莎莎とは違ってました」


――さて、JPBA女子年間ランキングで

4度目の1位になりました。


「年々その感想が難しくなってきています(笑)。

 

嬉しいですけど、もうめちゃくちゃ嬉しい! 

ってなることはなくて。

 

『来年の海外の試合でシード権

(本戦出場枠)がもらえて助かるなぁ』

というのが正直なところです。

 

もちろんランキング1位になることは

意識しているんですけど、

 

その一番の理由は海外で戦うための

権利を獲ることにあります。

 

最近は、日本に割り当てられる枠も

年々少なくなってきている印象で、

 

2位や3位だと出場枠がない国際大会も

多くなってきたので、

 

できれば1位になっておきたいんですよね。

最低でも2位にはならないと」


――では、

「4回」という数字に特別な思いはない?


「ないですね。

私以上に何度も1位になっている

梶谷プロはどうだったんだろう。

聞いたこと、ありますか?」


――ありますが、少なくとも回数を

意識した話は出てこなかったと記憶しています。


「ですよねぇ。今度私も梶谷プロに会った時に

インタビューしてみます(笑)」


――(笑)お願いします。

ところで、また台湾に戻って

ビリヤード修行を続けるんですか?


「はい、その予定です。

12月半ば辺りに台湾に行く予定です。

 

いよいよ本気で語学の勉強もしようかなぁと

思ってるんですよね」


――最後に来年の抱負や目標を。


「具体的なタイトルどうこうというより、

みんなが見て『台湾に行って変わったな』と

すぐわかるぐらいの選手になりたいですね。

 

『行った意味があったよね』

と言われる選手になって

帰って来られたら嬉しいなと思っています」

 

…………

 

何度日本一になっても日々チャレンジ。

 

…………


BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少ビリヤード用品、オリジナル用品取り扱い。K’sLink


ナイン/テンボール用精密ラックシート ARROW RACK


…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

<<<前の記事