2014年

11月

20日

〈BD〉いざ、尼崎! 〜全日本選手権・本戦前夜〜

公式練習タイムにて
公式練習タイムにて

 

やってきました、尼崎。

『アルカイックホール・オクト』。


今日(20日)から

『全日本選手権』の本戦が始まります。


現地で観戦できない方のために、

 

本大会の情報をゲットするのに便利な

WebサイトやTwitterなどを

まとめてご紹介しましょう。


まず公式Facebookページはこちら


色々な情報がここに集約されますし、

更新も早く、頻度も高いです。

昨年同様、フォトギャラリーもここで更新予定です。


そして、各ラウンド全16台の

スコア速報はこちらから。


で、大会公式Twitterはこちらから。


大会を主催するJPBAホームページには

大会要項があります。こちらから。

USTREAM(公式ネットライブ)も観られますよ!


ご存知、ビリヤード情報サイト

On the hill !さんにも色々と情報が。

こちらから。

古いエントリを見て頂くと注目選手情報も。


CUE'S誌のウェブサイトにもニュースや

レポートが掲載されます。こちらから。


全日本選手権とはどんな大会なのか?

であるとか、過去の優勝者一覧などは

ビリヲカさんを見るとわかります。

こちらから。


もちろん、BDでも日々いろいろな

裏側系(?)レポートをお届けしますので

お楽しみに!


さて。


以下に、本戦前日の写真をざざざっと並べます。


…………

 

 

今大会のビッグトピックの一つは、

 

なんといっても

Cyclop Ball(サイクロップボール)を

初めて公式球として採用したこと。

 

…………

 

 

このカラーリング、

やっぱり全体的にお菓子っぽいですね。


⑦が水色(今までは薄茶色)なので

間違える人もいるんじゃないかと。

 

ポケットビリヤードにおいて

ボールのカラーが変わるというのは、

 

言ったら、500円札が硬貨になったとか(古いか)、

2000円札ができたとか、

そういうレベルの一大事です。


また、アルカイックホールの

この照明の下で見るせいなのか、

手球が「電球」っぽい見え方をします。

 

ほわーんと発光しているような、

今までとはだいぶ違う感じ。


透明コーティングの部分が

厚いということなんでしょうか。


…………

 

 

会場のロビーでサイクロップボールの

メーカーの社長、王氏に会いました(左)。

右は羅立文プロ。


日本には過去度々来たことがあるそうですが、

全日本選手権を観るのは初めてとのこと。


最終日まで会場にいらっしゃるそうです。

 

自分のところのボールがどう使われているかとか、

どんな評価を受けるのかとか、

それはドキドキするんでしょうね。


…………

 

 

ワールドクラスプレイヤーズ、来日しています。


後ろ姿ばっかりですみませんが、

左から、

モリス、フンダル、マジド、イモネンです。


皆さんいいガタイしてはる……。


…………

 

 

この方はよくBDに出て来る人ですが……。

 

僕の目のピントも合わないし、

まあ、説明はいいですか。


…………

 

 

約10年ぶりに来日した

アメリカンスタープレイヤー、

 

「スコーピオン」ジョーニー・アーチャー!

 

早速お話ができて感激!!!!

 

コメントは追ってアップします。

 

…………

 

 

以上、夜のアルカイックホールからでした

(これはホテルの建物ですが、左側にホールあり)。


…………


 

全日本選手権と

直接的な関係はありませんが、


BDは、

 

アルカイックホールと

阪神尼崎駅を挟んで反対側にある、


キャロムテーブルの中台(四ツ球)5台の

老舗ビリヤード場、


『小林撞球場』を

初めて訪問することができました。


先日のエントリでもご紹介したように、


創業77年になるこちらは、

来月7日に閉店してしまいます。


BDも「閉店すると知ったから行った」形となり、

非礼は承知の上で訪ねました。


そんなことは意に介さず

優しく応対してくださった

店主の小林シヅヱさんに御礼申し上げます。


店内の写真やお店の雰囲気などは

また追ってお届けします。


77年、同じ場所でやってきた小林撞球場。


テーブル5台中4台は創業時からのものです。

 

歴史的に見ても貴重な意匠のもので、

BDも初めて見る台でした。


また、お店の内装、床、窓の桟などは

経年変化で飴色になっている箇所も多々あり、

 

深呼吸をすれば

日本撞球史を丸々吸い込めるんじゃないか。

そんな気がしました。

 

ポケットビリヤード日本一を決める大会の

目と鼻の先の場所に、

 

キャロムビリヤードの歴史を

刻んできた球屋がある。


なんとも言えない体験をした一日でした。

 

…………


BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少ビリヤード用品、オリジナル用品取り扱い。K’sLink


ナイン/テンボール用精密ラックシート ARROW RACK


…………


Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

<<<前の記事