2014年

9月

26日

〈BD〉日本、取り切れず――World Cup of Pool・ロシア戦ヒルヒルの最終ラックを読む

田中雅明 Photo : On the hill ! 以下同
田中雅明 Photo : On the hill ! 以下同
土方隼斗
土方隼斗

 

現在、イギリスで開催中の

ナインボールダブルスの国際マッチ

『World Cup Of Pool』

 

アメリカのプールキング、「スト様」こと

アール・ストリックランドも登場してきて、

盛り上がっていますね。↓

 

 

日本は初戦(ベスト32)でロシアに6-7で敗れました。

 

そのヒルヒル(6-6)の最終ラックを

テーブル図を用いて検証してみましょう。

 

大きな声では言えませんが、

この試合、丸々youtubeに動画がありますね。

 

権利的にグレーゾーンかなと思いますので

ここでは紹介しませんが、気になる方は検索を。

 

日本チーム

田中雅明&土方隼斗

 

ロシアチーム

K・ステファノフ&R・チナコフ

 

ナインボールダブルス・7ゲーム先取

場面は6-6の第13ラックのブレイクから

 

…………

 

●ロシア、ブレイクショット

 

6-6で迎えた最終ラック(第13ラック)、

ブレイクはロシア。

 

ステファノフのブレイクは1イン。

 

だが、9がギリギリジャマをしていて、

2は右上コーナーには狙えない。

 

…………

 

●ロシア、2番セーフティ

 

この試合、終始おかしくなっていたステファノフ。

 

ここはきっちりセーフティ成功。

 

手球を3番6番で隠す。

 

…………

 

●田中、2番空クッションイン!

 

初めは2クッションのラインを見ていた田中。

 

熟考して30秒(持ち時間)を使いきり、

エクステンション(時間延長)をコール。

 

合計1分を丸々使い切るその寸前、

残り1秒で放ったショットがこれ。

 

ワンクッションで2番をサイドポケットにイン!

 

拍手喝采とどよめきに包まれる会場、

「Oh, oh, oh !!!!」と笑う実況解説陣、

笑顔を見せる日本の2人。

 

手球は3番にも出ている。まさに起死回生の一撃。

 

…………

 

●土方、3番イン

 

土方、3番をコーナーに流し込み、引きを効かせて

6番を使った「当て出し」で4番へ。

 

4番はサイドポケットに取る狙いだ。

 

左上コーナーに取るように出すより、

こちらの方が確実だという判断だろう。

 

これもかなりのナイスショット。

 

…………

 

●田中、4番イン

 

田中、真っ直ぐに近い4番を軽いタッチで入れるだけ。

 

5番に対するフリはきっちり付けている。

 

それにしても30秒ルールは短い。

プレイヤー同士できっちり相談する暇はなさそうだ。

 

日本チームも、

ショット選択は最終的に撞き手に委ねているのだろう。

 

…………

 

●土方、5番イン

 

土方、5番を入れて2クッションで6番へ。

 

6番にもちゃんとフリは付いているが、

 

「より薄い方」を好むスタイルの田中にとっては

この6番はまだ厚かったのだろうか。

 

…………

 

●田中、6番イン、7番への出しはショート

 

田中、6番を入れて1クッション出しで7番へ。

 

しかし、この出しがショートする。

 

7番を左上コーナーに狙えるコースはない。

 

「ごめん」と土方の肩を叩き、頭をかく田中。

 

あとボール2、3個分転がってほしかった

ところだろう(赤矢印&赤ボール)。

 

この7番と9番の位置関係はなかなかの「罠」だ。

7番へのOKエリアは見た目以上に狭い。

 

6番を入れて押し球(や逆押し)を使って

2クッションで出そうにも8番が嫌な場所にある。

 

…………

 

●土方、7番ハラキリコーナーバンク、ミス

 

7番への出しがショートしたのを見て、

土方はすぐさま集中モードに。

 

時間をきっちり使って選んだショットは

ハラキリコーナーバンク。

 

恐らくわざと薄めに狙う「アンドセーフ」

(外れた時に渋い残りになるようなショット)も

考えて撞いただろう。

 

しかし、7番はわずかに厚めに走り、

左短クッションをなめてから、

コーナーの角で「カタカタ」して止まった。

 

万事休す。

 

昨日、土方本人も語っていたように、

 

「この場面でもう少し時間があれば」

より丁寧に狙って、

バンクの精度が高められていたかもしれないし、

 

別の手をセレクトしたのかもしれない。

 

…………

 

●ロシア、7番イン

 

さすがにこの残り3球の配置では

相手はミスをしてくれないか。

 

チナコフ、7番を入れて、1クッションで8番へ。

 

こういう穴前の球の処理は難しいものだが、

8番へのポジションはGood。

 

…………

 

●ロシア、8番→9番イン。勝利!

 

ステファノフが8番を入れて、

9番へナイスなポジション。

 

チナコフも丁寧に9番を入れて7-6。ロシアの勝利。

 

…………

 

田中プロの2番のスーパー空クッションインから、

日本が取り切り……ができたら最高でしたね。

 

7番への出しのショートと7番のハラキリバンクミスは、

そもそもが難しいショットだけに、

 

日本の2人を責めるのは酷というものでしょう。

 

それにしても、

ゲーム中は全員(4人)がクロックを見ていましたし、

 

全体的に急き立てられるようにして撞いていた印象です。

 

特に日本はこの試合の第3ラックで、

「エクステンション」コールのし忘れで、

ファウルを取られました。

 

(※自分でコールしなくても自動的に

エクステンションに突入するルールの試合が多いが、

今回は申告が必要だった)

 

それもあって時間のことは常に頭にあったでしょう。

 

それによって、冷静な判断力や、

構えに入って徐々に高めていくであろう集中力などは、

少しずつ削られていたのかもしれません。

 

いみじくも昨日土方プロが語っていた

 

「ロシアは時間が短かったからこそ

開き直って上手くいっていた印象」

というのはBDも感じる所で、

 

時間がない→冷静に考えられない→身体も硬い→

ええーい、攻めてしまえ→入った!

いいよいいよ、これで行っちゃおう

(※頭から繰り返し)、

 

……という状態になることは、

世界のトップ選手達にもあるということでしょうし、

 

それで勝つこともあるということです。

 

ワールドカップオブプールはまだまだ中盤、

 

他の国々がその辺りをどうケアして撞いているのか、

BDも観ておきたいと思います。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少品、当社オリジナル商品あります。K’sLink

 

…………

 

Cue Ball Samurai―ビリヤードサムライLINEスタンプ

 

 

<<<前の記事