2014年

7月

07日

〈BD〉全日本バンド選手権初V、森雄介 & GPE、3連続優勝、栗林達!

全日本バンド選手権初V、森雄介(JPBF。20歳のルーキープロ!)
全日本バンド選手権初V、森雄介(JPBF。20歳のルーキープロ!)
GPE-5優勝、栗林達(JPBA)。GPEで3連続優勝 Photo : On the hill !
GPE-5優勝、栗林達(JPBA)。GPEで3連続優勝 Photo : On the hill !

 

日曜日には2つのプロ公式戦が

行われました。

 

…………

 

まず。

 

大阪で行われたキャロムビリヤード・

ワンクッション競技の公式戦、

 

『全日本バンド選手権』では、

 

20歳の新鋭、JPBFルーキープロの

森雄介が初優勝。

 

同一年度での

全関東バンドV→全日本バンドV

という美しい流れで、

 

22回の大会史上、5人目の覇者となりました。

 

(※フォトギャラリーに写真追加しました。

こちらから)

 

森プロが敬愛する先輩プロ、

小林英明とのファイナルでは、

 

54点ランで逆転撞き切りを決めての

ドラマティックな戴冠。

 

会場が沸きに沸き、

現場にいたBDも鳥肌モノでした。

 

「あの54点ランの時ですか?

 

気付いたら『5モア』まで

行ってたんですよねー(笑)」と

 

屈託なく笑う

森プロ本人の優勝談話は明日にでも。

 

初めてバンドゲームの公式戦を観た

BDの私見もいずれ記したいと思いますが、

 

一言で言えば、

 

「これはポケットビリヤードにおける

14-1的な位置付けの競技なのかな?」

 

という印象でした。

 

ビリヤードの超基礎なんだけど、

だからこそ超奥深い、という意味で。

 

この大会を取材する機会を

与えて下さった関係諸氏と、

 

取材に協力頂きました

大阪・京橋の

『みやこビリヤード』の皆様に感謝です。

 

…………

 

そして。

 

ナインボールのプロ公式戦、

 

東京開催の『GPE-5』では、

 

栗林達プロが

ファイナルで土方隼斗プロを破って、

GPEでの3連続優勝を達成。

 

栗林プロは会場の

『ミスタースポーツマン中延店』では

4年連続優勝ということになります。

 

「本当にラッキー!」(by 栗林)

 

こちらも詳しくは明日以降にでも。

 

BDは栗林プロの準決勝(vs有田秀彰)と、

 

決勝戦をUSTREAMで観ていましたが、

 

心技体の充実を感じるパフォーマンスでした。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」の境地。

 

栗林プロと言えば最近のBDでは、

 

先日の世界選手権9位タイの談話と、

夫婦対談をアップしています。

 

プロが語ったままの言葉を掲載しただけですが、

かなりの反響がありました。

 

未読の方はぜひご一読ください。

 

…………

 

BD Official Partners : 

 

世界に誇るMade in Japanのキューブランド。MEZZ / EXCEED

 

ビリヤードアイテムの品揃え、国内最大級。NewArt

 

末永くビリヤード場とプレイヤーのそばに。ショールームMECCA

 

カスタムキュー、多数取り扱い中。UK Corporation

 

プレイヤーをサポートするグローブ&パウダー。TIE UP

 

稀少品、当社オリジナル商品あります。K’sLink

 

 

<<<前の記事