2014年

6月

06日

〈BD〉ドローショットコンテスト at GPE-4

浦岡隆志(JPBA)
浦岡隆志(JPBA)

 

先週末のプロ公式戦『GPE-4』

(グランプリイースト第4戦。

東日本プロツアーのこと)でのこと。

 

決勝戦の前にプロ達による

「トリックショットタイム」がありました。

 

そこで、栗林達(この日の優勝者)、浦岡隆志、

有田秀彰、虻川修という4名のプロ(JPBA)が、

 

同じ配置でどれだけ引けるかを競うという

「ドロコン」(ドローショットコンテストを

勝手に略してみました)をやってくれましたので、

 

録画してみました。

 

申し訳ないのですが、この時は

有田プロはあまり引けていなかったので

割愛させて頂いて……(アリゴP、お許しを(笑))。

 

…………

 

まず、栗林達プロ

 

なかなか良い勢いで引けていたんですが、

ポケットの角(ツノ)に手球が引っかかって

距離が伸びず。

 

でも、栗林達プロも押し引き、

相当効くプレイヤーですよ。

 

…………

 

次に浦岡隆志プロ

 

一発目は失敗。2度目でこれだけ引けました。

手球はちょうどセンタースポットに乗りました。

 

浦岡プロはかなり「キュー切れ」があることで

知られています。もっと伸びていてもおかしく

なかったですね。

 

…………

 

そして、トリを飾るのは「引き球魔神・アブー」

こと虻川修プロ

 

実は、この日の虻川プロは3~4度失敗していました。

なかなか珍しいことです

(本人、「かなり緊張してしまった」ようです)。

 

そして、最後に成功したのですが、

虻川プロにしては引きの距離が短いか。

 

……ということで、

このドロコンの優勝者は浦岡プロでした。

 

…………

 

GPEでは、

毎回のようにトリックショットタイムがあります。

 

いわゆる「セット球系のトリックショット」も

知的好奇心が刺激されて、気持ち良くなれますが、

 

こういうキュー切れ自慢系のショットは

純粋にワクワクしますね。

 

しかも、複数人でのコンテスト形式はアツい。

 

ぜひまたやってくれないかなぁと思ってます。

 

GPE、次戦の決勝ラウンドは7/6に

『ミスタースポーツマン中延』で開催!

 

 

<<<前の記事