2014年

5月

01日

〈BD〉全日本3C開幕! 日本のエース、梅田竜二のコメント

 

『全日本スリークッション選手権』

スタートしました。

 

一つ前のエントリで、

 

会場の『霞が関ビルディング』を

歩いてみた動画(2分少々)がありますので、

 

お時間ある時にぜひご覧ください。

 

あと、大会初日のフォトギャラリーもあります。

こちら

 

…………

 

さて。

 

この全日本選手権では過去2勝、

日本のスリークッション界を代表するトップ選手であり、

 

JPBF東日本支部の代表の立場にもある

梅田竜二プロは、

 

今大会でも企画・準備・運営に携わっており、

忙しい大会初日を迎えました。

 

隙を狙ってコメントを頂きましたのでご紹介。

 

「まず初めに、

この霞が関ビルディング・プラザホールという、

素晴らしい会場を使わせて下さった

 

三井不動産様と三井不動産ビルマネジメント様に

厚く御礼を申し上げます。

 

加えて、本大会にご協賛・ご協力頂いた各社様にも

御礼申し上げます。

 

お陰様で無事開幕することができました。

 

完璧とは言えませんが、十分な準備をして、

今日の本番を迎えることができました。

 

運営に関わっているスタッフは

一騎当千の熟達者ばかり。

 

大会終了まで約1週間の長丁場ですが、

きっと順調に進んでいくと思います。

 

本大会は入場無料ですので、

ビリヤードファンの皆様、

ぜひお気軽に会場にお越し下さい」

 

続けて、いちプレイヤーとしての現在の状態と

意気込みも聞いてみました。

 

「練習はできていますし、

 

僕は5月4日の最終予選ラウンドからの出場なので、

それまでに仕上げたいと思います。

 

マックスの6~7割の力は出せる状態で

本番を迎えられるのではないかと思います。

 

3月の『ヤマニカップ』は不甲斐ない内容だったので、

ここでは良いプレーをお見せしたいですね」

 

…………

 

と、淀みなくコメントを述べた直後、

 

梅田プロはオレンジのジャージに着替え、

キューとマイクを携えて

 

足早にホールの玄関前に置いてある

デモンストレーション・テーブルへ移動。

 

一般の方々の「無料キャロムビリヤード体験」を

アシストするガイドへと早変わりしました。

 

 

霞が関ビルディングにお勤めと思われる方々が

早速やってきまして、

 

梅田プロは四ツ球(風なフリーゲーム)で、

懇切丁寧にレクチャーしていましたよ。

 

ビリヤード体験をされていた3名の方々は

実に楽しそうでした。

 

また、このグループとは別に

一人で梅田プロに教わっていた女性もいました。

 

世界チャンピオンが手球の撞き方から

教えてくれるというのも贅沢な話ですよね。

 

毎日2回、12時~13時、17時~18時が

無料体験タイムになっていますので、

 

気になる方は会場でご確認下さい!

 

(※梅田プロ以外のプロも担当しています)

 

 

<<<前の記事