2014年

1月

26日

〈BD〉「ジャパンオープンの優勝でリセットできた感覚あった」――2013年女子ランキング1位・河原千尋の談話

河原千尋(JPBA)with EXCEED
河原千尋(JPBA)with EXCEED

 

関西オープンの女子予選会場、

 

『マグスミノエ』で

日本女子トッププロの河原千尋プロ(JPBA)をキャッチ。

 

「自身3度目の年間ランキング1位(2013年)」について、

コメントを頂きました。

 

以下に記します。 

 

(※2月4日発売のCUE'S誌には

タカタアキラ氏が取った

彼女のインタビューがあるので、そちらもぜひ)

 

…………

 

河原千尋:

 

「昨シーズンは前半があまり良くなかったんですよ。

 

試合が少なかったこともあって、

 

モチベーションの上げ方というか

保ち方で試行錯誤していたところがありました。

 

それで結果も付いてこなくて、

 

7月のジャパンオープン前に

ランキングは6位まで下がってしまいました。

 

でも、ジャパンオープンは気合いを入れて臨んで、

勝つことができた。

 

(※BDでインタビューしています。ここ

 

あの優勝は本当に大きくて、

 

ランキング的にも自分の状態的にも

リセットできた感覚がありました。

 

それ以降、精神的にもゆとりができたというか、

後半戦はいつも通りにプレーすることができましたね。

それで、1位になれたんです。

 

だから、やっぱりジャパンオープンの優勝が

1位に繋がったというシーズンでしたね。

 

私は2010年、2011年と2年連続でランキング1位になれて、

2012年は3年連続1位を意識していたんですよ。

 

でも、結果は2位だった。

 

だから、2013年は、

2位から1位に『復活できた年』という意味合いもあります。

 

自分としては、1年で1位に戻れたというところに

価値を感じていますね」

 

…………

 

コメントにトップランカーの風格あり。

 

河原プロの喋り言葉には、

 

いつも「にごし」や「ぼかし」や

「言いよどみ」が少なく、

 

ホントほとんどこのまんまです。

 

でも、全く傲岸不遜な語り口ではなく、

ただ単に、爽やかに言い切っているだけ。

 

根っからのプロアスリートなんだなと

僕は良く思います。

 

このコメント取材の後、

残念ながら河原プロは関西オープンで

2年連続の初日敗退となってしまったのですが、

 

きっとまた次戦以降、きっちり立て直して、

調子を上げてくるのだろうと思っています。

 

…………

 

さあ、日付が変わって今日、

関西オープンの決勝日。

 

朝から『玉出ビリヤードACE』に行ってきます!

 

 

<<<前の記事