2014年

1月

09日

〈BD〉知られざる隼斗STYLE

土方隼斗プロ(JPBA)
土方隼斗プロ(JPBA)

 

2014年の取材初めは、土方隼斗プロでした。

(※電話コメント取材などは除く)

 

2月4日に出るCUE'S誌3月号のインタビューです。

 

自身初の年間ランキング1位を獲得した今の心境や、

成長を感じられた昨シーズンについてなど、

 

かなりしっかりと語ってくれていますので

お楽しみに!(今から書くのだけど)

 

この日はまず都内某所の神社で撮影をし

(ここには写ってないですが、隼斗プロは

ちゃんとMEZZのキューケース持参です)、

 

それから、店内がゆったりしている

某うどん屋さんに移って、

 

食事→インタビューという流れ。

 

隼斗プロ、

明太子うどん3玉をペロリと完食。

 

身体は細いんですが、よく食べること。

 

「大丈夫!? 3玉ですよ?」

と思わず確認してしまいました。

 

「大丈夫です。実はこれに

ご飯物も付けようかどうか迷ってたんです(笑)」

 

……参りました。

知られざる隼斗's 健啖STYLEです。

 

…………

 

さて、食事中に本人に確認したら、

 

昨日書いたように、

やはり今、隼斗プロはJPBAで2番目に若いプロのはず、

とのことでした。

 

8年前、16歳でプロ入り。もちろん当時は最年少。

 

(※今は嶋野聖大プロが最年少です)

 

それ以来8年間、

自分が色々な意味で注目されていることは

わかっていたので、

 

なおのこと、今回の年間ランキング1位は

嬉しかったようです。

(※過去2度2位があります)

 

ちなみに、

 

隼斗プロのプロ入り当時に

JPBAで2番目に若かったプロは、

 

同期入会であり、

隼斗プロも親交がある日本トッププロの

大井直幸プロです。

 

大井プロ、当時22歳。

ほうほう。隼斗プロの6つ上なんですね。

 

(※今はこの両名の間に数名のプロがいます)

 

ちなみに、明日(1/10)、

その大井プロは誕生日を迎えて31歳になります。

 

3月には隼斗プロも25歳になるし……、

 

JPBAに、求ム、若人。

 

…………

 

下の写真は、

 

ある「額」を

自分のケータイで撮影しているところです。

 

額装されているものは一体何なのか。

 

近日、公開します!

 

 

<<<前の記事