2013年

12月

26日

〈BD〉フォトギャラリーにフレクシェカップ、アップ&ちょっと裏側

 

すっかり更新が遅くなりました。

今日は呑んでいたからではありません。

 

フォトギャラリーに

先日の『フレクシェカップ』を

アップするのに時間が掛かりまして。

 

こちらからどうぞ。

 

大会が終わって10日以上経ちますし、

 

On the hill !さんやWeb CUE'Sさんでは

とっくにアップされてるでしょうし、

 

たぶんこれから

大会オフィシャルサイトでは、

 

今大会のオフィシャルカメラマンだった

プロカメラマン飯村潤氏(.EST)の

「腕も機材も段違い」な写真たちが

観られることになると思いますし、

 

もはやBDでアップする意味、ある?

って感じなのですが(汗)、

 

観て下さる方が一人でもいれば励みになります。

 

上の写真は、左から

 

スポンサーである株式会社フレクシェの浦野氏、

 

2日間MCを担当した野内麻聖美プロ(JPBA)

 

15日のMCを担当した、元NHKアナウンサーで

現在はジャーナリストの堀潤氏、

 

主催団体のJBプロモーションズの加藤氏、です。

 

皆さん、良い笑顔♪

 

…………

 

さて、以下余談です。

 

フレクシェカップの写真や動画を

ご覧頂ければおわかりの通り、

 

今回、視覚的には、試合会場に敷かれた

赤いカーペットが効いていましたよね。

 

「高級感」「暖のある冬の室内感」

あるいは「クリスマス感」を演出しているような。

 

でも、あのレッドカーペット、

実は急遽敷くことになったんです。

 

大会直前のある日、

 

JBプロモーションズの加藤氏が

施設側との最終打ち合わせに赴いたところ、

 

施設側の担当者(ビリヤードには詳しくない)から、

「プレー中、テーブルからボールが

落ちることってあるんですか?」と聞かれました。

 

「ええ、たまーにありますが……それが?」

と加藤氏。

 

「以前、このイベントスペースの床は

陶板のアート作品になっているということは

お話したと思うのですが…………

 

もし破損したら多額の賠償金がかかってしまうのです」

(施設側)

 

「マ、マジっすかー!!!!!!」(加藤氏)

 

それで、ボールが落ちても大丈夫なように

何かを敷いて床を養生(保護)するか、

 

何らかの保険に入るという選択肢が残り、

 

最終的に、小さくないお金を使ってカーペットを

購入し、急いで敷くことにしたのでした。

 

……で、加藤さん、

大会が終わった今だから聞きますけど、

2日間でボールの場外は何回あったんですか?

 

「ゼロです!(笑)」(加藤氏)

 

おっ! さすがはトッププロ達ばかり16名……。

 

……というか、

えてして保険とはそんなものかもしれません

(マーフィーの法則みたいなお話)。

 

それにしても、時期的にあの色は

クリスマス感も出ていてステキでした。

 

災い転じて福となすと言いますか、

あの色を狙って採用したとは、さすがです。

 

「いいえ!

 

……クリスマス感は狙ってませんでした。

 

フロックです!!!!(笑)」(加藤氏)

 

いや、そのフロック、超ナイスでした!

 

 

<<<前の記事