2013年

11月

24日

〈BD〉土方隼斗、初のランキング1位

土方隼斗(JPBA)
土方隼斗(JPBA)

 

昨日は全日本選手権のDay 3でした。

 

本日が最終日(Day4)です。

 

そんな、全日本選手権のまっただ中で。

 

土方隼斗プロが、

JPBA男子統一ランキングの年間1位を確定させました。

 

大会2日目(一昨日)、

 

土方プロがR・モリスを破って

決勝シングルトーナメント(Best 64)への

進出を決めた時点で、

 

2位の羅立文以下のプロが逆転できない

ポイント差となり、決定したとのことです。

 

プロ本人も、

ランキングポイントのことは頭にありつつ

モリスと戦っていたそうですが、

 

「自分の勘違いで、もう一つ後の試合が

ランキング決定マッチだと思ってました。

 

むしろ正しい情報を知らないで

モリスと戦っていて良かったです(笑)」とのこと。

 

プロ入り8年目の土方プロは、

これが生涯初の年間1位

(これまで2位は2回ありました)。

 

今年は、全日本選手権前の段階で

プロ公式戦5勝の大爆発。

 

「しっかり自分の力で勝ち取った1位」と

言えるのではないでしょうか。

 

「確かにそういう気はします。

 

あとはこの全日本選手権で優勝を飾って、

最高の締めくくりにしたいです」

 

土方プロの国内での目標は、

 

2大メジャー

(ジャパンオープン&全日本選手権)に勝つことと、

 

そして、ランキング1位になることだと、

以前聞いたことがあります

(多くのプロがそうだと思います)。

 

今年、現段階でその内の2つを手にしました。

 

あとは全日本選手権を残すのみ! ですね。

 

昨日、ベスト64で水下広之プロに勝った土方プロは、

 

今日のベスト32で、

台湾の「入れまくり男」傅哲偉と対戦します。

 

これは楽しみな試合です。

 

大会最終日である今日は、

 

優勝まで11ゲーム先取の試合を

5回戦わなければいけないという、

なかなかタフなフォーマットになっていますが、

 

土方プロは、

気力も体力も若さも全部備えていますから、

期待できますね。