2013年

11月

19日

〈BD〉透明のタップ

 

透明のタップ、初めて間近で見ました。

 

友人が自分のジャンプキューに

つい最近新しく取り付けたものです。

 

この透明タップ、

 

友人も人からわけてもらったもので、

メーカーや材質まではわからないそう。

 

ネットで検索すると、

ブレイクキューやジャンプキュー向けの

ポリカーボネート製のタップがあるようなので、

 

これも同種のものかもしれません。

 

友人は普通の革のタップを交換する時とほぼ同じ工程で、

 

革断ち包丁とヤスリと瞬間接着剤を使って付けたとのこと。

 

「意外と柔らかい樹脂かも。

ポリカーボネートだとしたら」(友)

 

(とはいえ、友人がもらったものは丸く整形されておらず、

1時間かけて、指にマメをこさえて作業したそうな)

 

最後、タップの側面を磨く時は

 

紙ヤスリの番手を上げていって(細かい目にして)、

 

最後は紙ヤスリの裏、つまり紙で磨いて、

クッキリクリアな透明に仕上げたそうです。

 

タップ交換自体できない僕は「スゴい!」と

言うしかありません。

 

(まさにこの友人に、僕はマイキューの

タップ交換も頼んでいるのです……)

 

このジャンプキューはCuetec社製の

『99534』というものなんですが、

 

黒いグラファイトシャフトと銀の先角に、

 

この後付けの透明タップがマッチしていて

カッコイイルックスになっていますね。

 

(※純正ではフェノリック樹脂タップ

〈焦げ茶色〉が付いてます)

 

…………

 

そもそも。

 

先日、僕も友人も関わったある取材現場で

4人でペアマッチを楽しんでいた時、

 

ある人が友人のこのジャンプキュー

(※純正タップ装着時)を借りて飛ばしたら、

 

「あぁーっ!!!!」

 

見事にタップまでぶっ飛ばしてしまったという(笑)。

 

平謝りの撞き手、大笑の一同。

 

でも、その方、

ジャンプショットそのものはかなり上手くて、

その後もナイスジャンプを連発してましたよ。

 

お名前はいずれ明かしたいと思います。