2013年

10月

21日

〈BD〉兵庫オープンのちょっと裏側&フォトギャラリー

優勝は竹中寛プロ(JPBA)
優勝は竹中寛プロ(JPBA)

 

兵庫オープン』が終わりました。

 

参戦に観戦にと満喫した2日間。

 

天窓から陽の光が入る

ニッケパークタウン センタープラザ特設会場で

行われた本大会は、

 

ビリヤード人にとっての楽園でした。

 

(一般のお客さん、特にお子さん連れファミリーの

笑顔や興味津々の顔も多かったと思います)

 

試合そのものも面白かったですし、

 

ビリヤード体験コーナーにも多くの人が訪れていました。

 

2日で合計4回行われたトリックショットショーは、

 

構成もトークも成功率もバッチリで、

僕も近くでじっくり観てました。

 

川端聡、栗林達、吉岡正登という3名のプロ、

 

司会の山崎さん、

 

兵庫県のマスコットキャラクターのはばたん

(今大会圧倒的No.1人気選手……)、

 

そしてHRC(兵庫ローテーションクラブ)の面々の

あうんの呼吸がお見事。

 

松田翼プロ、中野正美プロ(※写真下)もきぐるみを着て

動きまわっていて、その献身的な姿勢に感激しました。

 

…………

 

そんな風景や、ベスト32の全員の写真がある

フォトギャラリーはこちら

 

…………

 

優勝は竹中プロ。今大会初Vです。

 

「それはもう、僕は兵庫に住んでますし、

 

絶対勝ちたいと思っていた試合ですから、

とても嬉しいです。

 

HRC(兵庫ローテーションクラブ)の皆が

一生懸命に準備して運営してくださっているし、

 

特設会場でプレーできるし、

 

僕は以前一回ファイナルで負けてるし

(2009年。vs 大井直幸)、

 

ホンマに勝ちたかった。

 

ファイナル、7-1までリードした時は

(※試合は8ゲーム先取)

 

『これはもうマクられへん』と思ったんですけど、

ちょっと危なかったですね(笑)。

 

でも、僕がトバした球も、

気持ちが弱くなってやったというものではなかったから、

 

追い込まれてはいませんでした」(竹中)

 

その竹中プロには花束も贈呈されたのですが、

 

そういえば、

竹中プロは以前お花のご商売をされていたような……。

 

贈呈した側の松田翼プロが、

 

「この花束の花の種類、今もわかるんですか?」と

聞いたところ、

 

「これがユリで、これがガーベラで……うーん(笑)」と

メジャーどころを答えるのみで終わってしまってました

(僕はガーベラもわかりませんけど……)。

 

しかも、あのしゃがれ声で。

 

「ほんとにお花屋さんだったんですか?(笑)」の声には、

 

「やってたって(笑)」と言い、すぐに声色を変えて、

 

「いらっしゃいませぇ。どちらになさいますか?」

 

おぉ、それっぽい……気がする(笑)。

 

それでもまだ花屋というより八百屋っぽいような。

 

(実際に「スイカ売ってそう(笑)」という声も)

 

何はさておき、チャンピオン、上機嫌でございました。

 

おめでとうございます。

 

…………

 

試合後は、運営に尽力していたHRCの方々の

打ち上げに参加させてもらいました

(JPBAプロも数名いらっしゃいました)。

 

締めの言葉はHRCの南理事長。

 

「皆さんおつかれさまでした。

 

(中略)

 

えー、

 

……でも、家に帰るまでが兵庫オープンです!」

 

一同すかさず、

 

「去年と一緒やんかー!(笑)」

 

おつかれさまでした!

 

左から松田プロ、川端プロ、中野プロ
左から松田プロ、川端プロ、中野プロ