2013年

10月

15日

〈BD〉近況色々。球ライフ色々。

丸岡夫妻。二人の間は立入禁止
丸岡夫妻。二人の間は立入禁止

 

横浜の『ハイランド』で行われていた

『店舗対抗リーグ戦・決定戦』に

取材で行きました。

 

1チーム4人以上。それが9チーム集まっていました。

応援の人々も含めると結構な人数で、朝から賑やか。

 

イベントの模様はWeb CUE'Sや

明日以降のB.D.で記します。

(※CUE'S誌面でも取り上げる予定とのことです)

 

…………

 

『店舗対抗リーグ戦』に参加しているのは、

神奈川県と東京の一部地域のビリヤード場の

お客さん達から成るチームです。

 

(今回の『決定戦』は、早い話が

ディヴィジョンリーグを勝ち抜いて来た

チーム達による決勝ラウンドです)

 

なので、この日の会場には神奈川県下のプレイヤーが多く、

知人もたくさんいました。

 

例えば、関東トップアマカップル、

丸岡良輔選手&最首文子選手も出ていまして

(※『アロウズ』チームのメンバーとして)、

 

近況を聞くと、

なんとほんの3、4日前に入籍したとのこと。

 

青天の霹靂。

 

奥さんの文子さんは、情熱のカタマリといいますか、

「超」の付くガッツプレイヤーとして知られます。

 

トークも元気いっぱいなのです。

 

「交際期間ですか?

 

もう7年ぐらいになってましたね。

 

だって、

なかなかプロポーズしてくれないんですもん(笑)。

 

プロポーズっぽいことは彼、

今まで言ったつもりらしいんですけど、

私、全然気が付かなくて(笑)。

 

ええ、結婚してもばりばり

プレイヤーでやっていきますよぉー!」

 

立て板に水。

 

傍らの亭主の「マル」、何も喋らず微笑むのみ(笑)。

 

このお二人のバランスってすごく良いですね。

 

ご結婚、おめでとうございます!

 

…………

 

で、下の写真は、

 

『ミッドナイト本厚木』チームの東(ひがし)選手。

 

10年ぐらい前にCUE'S誌の企画で、

「100先」(100ゲーム先取)というのをやったんですが、

 

その取材の時に、

 

藤原貴志プロ(JPBA)の対戦相手役として出演頂いたのが、

当時B級で10代後半だった(はずの)東選手でした。

 

あの取材ではホントに丸一日球を撞いてもらったんですが、

東選手はほとんど疲れ知らずで、

 

「タダで撞いていいなんて嬉しいです」と

楽しそうにプレーしていたことを思い出します。

 

いやー、それ以来の再会だったので感慨ひとしお。

もう27歳になっておられました。

 

「あの100先の取材はとても良い練習というか

良い経験になりました。

 

あれからビリヤードができなかった時期もありますが、

なんとか続けています(笑)」

 

お会いしていなかった約10年の間に、

東さんはご結婚されて、お子さんが3人生まれています。

 

光陰矢のごとし。

 

仕事も育児も大変だと思うのですが、

ビリヤードを続けていらっしゃる

(奥様のご理解もあるのでしょう)。

 

そのことがとても嬉しかったです。

 

日々是好日。

 

……んー、ことわざや慣用句を多用すると、

回顧モードが加速するというか、

20は年食った気分になりますね……。

 

東選手
東選手