2013年

9月

15日

〈BD〉東海は隼斗&千尋、再び

土方隼斗プロ&河原千尋プロ 撮影:タカタアキラ
土方隼斗プロ&河原千尋プロ 撮影:タカタアキラ

 

この土日、

 

愛知でポケットビリヤードの公式戦

『東海グランプリ』が行われ、

 

男子の部で土方隼斗プロが、

女子の部で河原千尋プロ優勝しました。

 

7月の『ジャパンオープン』と同じ2人です。

 

チームMIKI(三木)、強いですね。

MEZZ & EXCEED使用プロです)

 

で。

 

驚くのは隼斗プロのタフさと強さ。

 

隼斗プロはドーハの『ナインボール世界選手権』

(※ステージ2敗者ゾーン最終試合で敗退)

から帰国して、そのまま愛知に入って優勝しました。

 

そして、国内戦での連勝記録をどんどん伸ばしています。

 

「4大会連続優勝」で、「31試合負けなし」です。

 

(※この場合の「試合」とは、

一人の相手との「対戦」の意味です。

JPBAプロ公式戦では初戦から決勝戦まで

だいたい8人前後に勝たないといけません)

 

4大会とは、ジャパンオープン、グランプリ第5戦、

関東オープン、そして今回の東海グランプリです。

 

「4大会連続優勝」は、

国内(JPBA)で最多記録なのか、最多タイ記録なのか。

今調べているところです。

 

「31試合負けなし」の方は最多なのかどうか、

残念ながらちょっと調べようがないですね……。

 

さて、隼斗プロがコメントをくださったのでご紹介。

 

「ドーハからそのまま愛知まで来たかいがありました!

やっぱり勝てる時は勝てます!

 

チャンスをものにできました

優勝よりも31連勝の方が信じられないです(~_~;)

 

4大会連続優勝も31連勝ももうできる気がしないので

今のうちに記録を伸ばします!」

 

今頃、隼斗プロは恐らく約2週間ぶりに

自宅に戻っているのではないでしょうか。

 

お疲れ様でした&おめでとうございます。

 

…………

 

さあ、今晩はもう一本ブログをアップします。

 

短いのを。