2013年

9月

07日

〈BD〉3位の人に何と言う?

和田敏幸名人 撮影:タカタアキラ
和田敏幸名人 撮影:タカタアキラ
スリークッションジャパンカップ。右端が3位の水内誠ニプロ(JPBF) 撮影:On the hill !
スリークッションジャパンカップ。右端が3位の水内誠ニプロ(JPBF) 撮影:On the hill !

 

少し時間が経ってしまいましたが、

 

「京アニ」氏とOn the hill !さんから

頂いていた表彰写真をここでアップ。

 

一番上の写真は、先週末のアマ『名人戦』で

防衛を果たした和田敏幸名人です。

こちらは愛知開催。

 

和田名人は千葉の醍醐雅人アマの挑戦を退けました。

これで「奪取」→「防衛」→「防衛」(イマココ)の

3期連続名人位ですね。

 

その下の写真は、同じく先週末、

東京で行われた『スリークッションジャパンカップ』

の表彰式風景です。

 

優勝は韓国の金京律でした。連覇です。

 

……と、先週末僕が東北に行っている間に

ビッグゲームが2つ行われていました。

 

僕はジャパンカップの写真に写っている

あるプロに注目しました。

 

右端の水内誠ニプロ(JPBF)です。

 

自身初のジャパンカップ3位入賞だったはずです。

そして、今大会での日本人最上位でした。

 

しかし、全く喜んでいません。

むしろ悔しさが滲んでいます。

 

最近僕は水内プロにスリークッションを教わったり、

所属店に遊びに行くことが多くなり、

プロと言葉を交わすことが増えています。

 

もちろんそういう時はにこやかです。

 

こういう沈痛な面持ち、久しぶりに見た気がします。

熱い人だな、競技者だなと思いました。

 

自分がこの会場にいたしとて、

多分声は掛けられなかったと思います。

 

それでなくても、

3位というのは僕らメディア側も

なんと声を掛けて良いのかわからない微妙な順位です。

 

「お見事です」でも「おめでとうございます」でもないし、

 

「残念でしたね」は少しネガティブで敗戦直後に使いたくないし、

 

「健闘しましたね」では非礼にあたることもあるし……。

 

こんな時はまずシンプルに「お疲れ様でした」でしょうか。

 

今度水内プロにお会いした時には

 

「ジャパンカップ、お疲れ様でした」から

話を繋いでいきたいと思います。